体の色と五臓。黄疸と刺絡。

五行説では色と五臓の関りも示している。肝は青、心は赤、脾は黄、肺は白、腎は黒をそれぞれ示す。たまに足や手、身体全体がなん...

腰痛と足の少陰腎経。

腰痛の症例を診るにあたり大事なことはどの動きでどこが痛むかだ。その動きと痛む部位と関連している筋肉、神経支配領域、筋膜な...

踵骨棘はなぜできるか。

踵(かかと)に骨んの棘が出来る事を踵骨棘という。踵の骨が出っ張って神経に当たると痛い。人に依っては歩けなくなるほど痛い。...

「一般臨床医学」川崎病について。

川崎病という疾患があります。 これは乳幼児に多く、全身の血管に炎症が起こる病気です。 なぜか東アジア、特に日本に多いです...