交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

無血刺絡療法で効果が出た症例シリーズ。10 整体不要!無血刺絡による姿勢調整!!

立ち姿勢がおかしい、膝が内側に入り込んでいる、重心が踵にきている、それらはすべて骨盤のゆがみからきている。なのでいわゆるカイロプラクティックや整体で、特殊な関節モビライゼーションを行わないとなおりません…。骨盤を治すには別のポイントを調整して、その別のポイントを調整するにはまた別のポイントを調整する、これは特別な選ばれた人間じゃないとできません…的な。

「整体」というと、どこかうさん臭くて医学的根拠がないようにどうしても感じてしまいます。

「私にしかできない」とか、「今関節矯正しないとボロボロになりますよ」とかは自分に権威性を持たせたり、自分の技術に希少性を持たせたり、ターゲットになる方を煽って焦らせ決断に導くという、整体ビジネスのテクニックですね。

 

…かなり前置きが長くなりましたが、何が言いたいかというと姿勢矯正は無血刺絡により安心安全におこなえます!…刺激はありますけど。

関節を鳴らしたり、長時間をかけてあらゆる部位をほぐしたりストレッチなどする必要もないのです。

 

なぜかというとこれは、自分自身の症例です。僕自身が身をもって実感したからです。

無血刺絡療法(チクチク療法)といって、脳神経外科の医師である長田先生が考案した療法の勉強会に出席し、毎月技術指導を受けていたのですが、ある回で筋骨格器系の疾患や症状担当の鍼灸柔整師である芝山先生に自分の姿勢を診てもらう機会がありました。

 

そこで、靴の踵の外側が両方すり減っている、重心が後ろに来ていて前側に強く踏ん張ることが出来ない、腰の前後屈の可動域が狭い、両足の小指が内側に傾いているという事を指摘されました。

足首を先生に曲げてもらった時に足首だけでなく、まるで痛みから逃げるようになぜか膝も内側方向へ勝手に動いてしまう…。

足首の外側部分の固い所を押されると飛び上がるほど痛い…。

 

僕自身、普段から中腰姿勢が多いため腰には負担が掛かっているんだろうなとは思っていました。

しかし、自分の体はなおざりになってしまうもので何がどうなっているかなどは考えもしませんでした。なので、色々指摘されて驚きでした。

 

さて、ここから無血刺絡により調整していきます。まあ正確には僕が調整されます…。

まず、腰部。L1からS2まで腰から下肢を支配する神経のすべてのゼロポイント(脊柱の間)、その横の一行線と二行線。

これだけでとてもくすっぐたくて、痛くて痒くてとても耐えられないほどきつかったです…。しかし、かなり腰が温かくなった感じがしました。

 

次に、膝から下の内側、外側、後面の神経の走行に沿って3ライン刺激を両足に加えていきました。これもとてもキツかったです…。

 

最後に、足の小指側の足関節付近の固く、押すと痛い部位。ここにも集中的に刺激を加えられました。これも相当痛かったです(笑)

 

これで無血刺絡による施術は終わりになるわけです。いよいよ刺激により先程の状態がどうなったかを検証していきます。

最初に、前後屈。腰を前後に曲げてみます。これが驚く程、楽に曲がるようになりました。あれ?もう少し遠くまで曲げられるな、という余裕がある感じがしました。床に全く手が付かなかったのに、余裕で指が床にあたります。

 

次に、重心がどこにあるのか、前側に踏ん張れるかです。最初のテスト法は、僕は仁王立ちになり前側で両手を強く組み踏ん張ります。

そして芝山先生が、僕の前側で組んだ手を思いっきり前下方に引くというものです。施術前は、全く踏ん張りが効かず前側に引っ張られ倒れそうになりました。

ところが、施術後は全然耐える事が出来ました。施術前は重心が踵にありましたが、施術後は中足骨頭あたりにある感じがします。

さらに、内側に入り込んでた小指がまっすぐになっていました。

 

これらはどのような作用が体に働いたか、簡単に言うと然るべき箇所の血流促進を促したという事になります。

別にストレッチを行ったわけでもなく、関節を鳴らすわけでもなく、気持ちの良い方向へ動かすみたいなわけではなく、とにかく動きは関係ないのです。ただ単に、血管神経に働きかけて血流促進効果を促すことにより動きを悪くさせていた原因筋を柔らかくして動きを良くした、それにより重心の位置すらも良い方向へ動いたという事です。

 

血流促進により姿勢調整ができるならマッサージやサウナでいいじゃないか!と思う方もいるかもしれません。

マッサージでは時間がかかる、押圧刺激を加えるので筋肉に負荷がかかるなどの欠点があります。

サウナで全体的に温めてもだめです。原因部位に対してピンポイントの痛圧刺激が大切なのです。

 

姿勢が気になる、腰の可動域が悪いという方は是非一度お越しください!

 

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。
東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、東五軒町、江戸川橋、白銀町近くの鍼灸整骨院です。
東京、文京区、新宿区、千代田区、飯田橋、新宿、神楽坂、江戸川橋、水道町などにお住いの方、遊びに来られた方は是非お立ち寄りください!
「動かすと痛い」症状改善コース、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、全身調整、瘀血を抜く刺絡療法、お美顔の美容コースならお任せください!!

 

 

 

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ