交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]
2019年1月29日
座り仕事などで頭と首の位置が前に出てしまう場合は「俺式然等尺性収縮法」が有効。
デスクワークの方など、前屈みの姿勢を取り続ける事で頭と首の位置が前に出てしまっているという方が結構多いです。 この場合、頚肩背中をマッサージで緩めるとか背骨の矯正をするなどと思う方もいらっしゃると思いますが、ご自身少しでも改善できる方法があります。 それは、首に「俺式然等尺性収縮」をかけるという方法 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

無血刺絡で効果が出た症例集。27 70代女性 局所麻酔の注射が効かなかった肩の痛み。離れた施術部位で効果を出す。

今回は、整形外科で行われる局所麻酔の注射が効かなかった肩の痛みの症例です。

 

よく病院で「注射をする」といいますが、それは様々な種類があります。

予防接種もあるし、点滴も一応針を刺します、血液検査もあるし、他の種類のカルシウムやニンニク注射などもありますね。

でも、整形外科で勤務していた僕が知る中で痛みに対しての注射は、ブロック注射、ヒアルロン酸とキシロカインの混合注射、キシロカインの局所麻酔注射の三つ主なものでした。看護婦さんやお医者さんに言わせれば他にもあるかもしれませんけどね。

その中で、どこが痛い?とお医者さんに聞かれてここっていう箇所にそのまま注射をするのはキシロカインの局所麻酔薬である「トリガー」と言われる注射です。部位が関節だと、これに潤滑液であるヒアルロン酸を足した注射をすることもあるようです。

今回の患者様のお話ぶりだと、場所的に考えても恐らく「トリガー」と言われる局所麻酔薬でしょう。

 

前述のようにこれは、痛い所に直接刺します。

今回の患者様は肩を回したり後ろに動かすと、肩の前や後ろが痛むという症状でした。そこで、痛むところの何カ所かに注射をしてもらったわけですね。

それでもその時はなんとなく調子がいいけど、次の日になるとまた痛むという状態でした。

まずは、痛む箇所に無血刺絡の刺激を加えます。それでもう一度痛む動きをしてもらいます。しかし、それではあまり症状は変わりませんでした。次に、その痛む部位を支配している首の神経の出口も刺激しました。それでもあまり症状は変わりませんでした。

 

色々探っていった結果最終的に、痛む筋肉ではなく鎖骨と肩甲骨が交わるポイントと肩峰端という肩の一番外側に刺激を加える事で症状が緩和しました。

あとは、肘の急所と前腕部の硬い箇所を指で押えるだけでも肩の症状が緩和しました。なので肘のツボを使った、自宅でもできるセルフケア方法を指導させて頂きました。

今回の施術では、痛む箇所ではないところを刺激することにより症状を緩和させました。

これというのは、注射をするお医者様は絶対に触らない箇所だと思います。肩が痛いのに肘とかは触れないでしょう。

聞くと、裁縫を趣味でされるそうで前腕部にも大分負担が掛かっていたのですね。その中で、腕をたくさん使うことで肘や肩に影響が出たのだと思います。

「痛む」箇所に原因がなくて、そこから離れた箇所に刺激を加えることにより既存の痛みの症状が緩和することは結構多くあります。

痛むところ以外の場所を施術して症状が緩和することを嘘だと思ったり、単なる暗示じゃないのと思ったり、できたとしても全世界でほんの一握りのゴットハンドの持ち主しかできないんじゃないのと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、患者様の辛い症状を少しでも軽減したいと真剣に思えば思うほど、自ずと施術部位は痛む局所から遠ざかっていくものです。

臨床の現場に立って13年ほど経過し、治療院を開業して4年目になる僕はそう思います。

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ