交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

必殺仕事人の考察シリーズ。仕事人達の職業病。「前頭部系」やいとや又右衛門の場合。

皆様こんばんは。
今日も必殺シリーズの考察をお送りします。仕事人達の職業病、「前頭部系」編について書いていきます。

前頭部系とは、やいとや又右衛門、参などがいます。

主に、おでこに鋭い武器を突き刺しダメージをあたえるという技を使います。

以前、別のシリーズでも書きましたが僕が思うに一番非現実的な技と言えます。
焼き針やポッペンでは前頭骨は貫通しません!(笑)

…しかしそこは触れずにあくまで見たままを信じて、そこに纏わる考察を述べていきますね。

今回は、前頭部系の仕事人達の職業病ということで、やいとや又右衛門を例にとって考えてみましょう。
どんな洗練された技でも使い続けることにより、必ずやどこかしら痛みます。

さて、又右衛門は鍼灸師であり細く短い針を携帯七輪のようなもので熱して相手の前頭部に突き刺します。

まず考えるのが、あの針は熱くないのかというところですね。又右衛門は素手で持ってます(笑)
その時点で絶対に火傷します。まあ、そこは針の持つ部分(鍼柄といいます)には熱を遮断する特殊な加工がしてあると仮定します。

そして、人差し指と中指、親指で持って突き刺します。
この動きを自分自身、爪楊枝を持って厚い雑誌に試して何度も行ってみました。

その結果、爪楊枝をしっかりと持っている三本指はもちろん、手首にも負担がかかるのを強く感じました。

とても細い針のようなものを滑らないようにしっかり持って、突き刺す対象物の固さに耐えうるには親指や他の指を曲げる、屈筋の強さが非常に大切になってきます。
その他、つまむ動作でとても大切な母子対立筋の強さも必要です。

なので、逆に考えると指を曲げるための、示指屈筋、総指屈筋、母指屈筋、虫様筋、母子対立筋などの筋肉がオーバーユーズにより消耗し、負担がかかります。

しかし比較的に、腱鞘炎にはなりにくいかも知れませんね。
何故ならば、つまんで力を入れているだけの等尺性収縮だからです。

どうゆうことかというと、腱鞘炎とは筋肉の先の部分である細い腱、それを包んでいる腱鞘という鞘があります。
その鞘の中を通っていることにより、腱はスムーズな動きが出来ているのです。

しかし、何度も何度も曲げ伸ばしの動きをしていると腱と腱鞘が擦れて炎症を起こしてしまうのです。

なので、等尺性収縮といって筋肉や腱に力は入っているけど動かさない状態、曲げ伸ばしがない状態であれば、腱鞘にかかる負担は少ないと思います。

それに一回にかかる負担は対象物に突き刺す一瞬だけで、持続的に力をかけ続けなくてはいけないわけではないというのも負担の少ないポイントですね。

実は、あの前頭部系の技は非現実的ではありますが割と身体にはあまり負担が掛からない技でもあるのです。

紐で頚を締めて強い力で引っ張ったり、指を思いっきり突き立て心臓を握り潰したり、脊柱を脱臼させたりと他の仕事人達の技に比べると、割と必要最小限の力と動きで敵を仕留めているんですね。

 

毎回の仕事ではあまり負担は少ないと書きましたが、それではここで前頭部系の特に又右衛門にとって発症したら致命的な疾患というか怪我について書いていきます。

それはズバリ正中神経麻痺です。

正中神経とは前腕や手のど真ん中を通る神経で、つまみ動作を行う神経です。
この神経が麻痺してしまうと、先程書いた三本指で針を摘まむ事が出来なくなってしまいます。

さらに、母子球筋が萎縮してしまい力が入りにくくなってしまいます。
正中神経麻痺を起こす原因としては、腕を刀で切られたりして正中神経が損傷を受けた場合や、手根菅症候群で起こります。

手根菅症候群とは、手首の疾患です。手首を使い過ぎたり、何らかの影響で手首のど真ん中にある手根菅という部分を通っている正中神経が圧迫を受け、麻痺してしまう疾患です。

又右衛門は、特に鍼灸師なのでお灸の為の艾柱をちねったり、鍼を刺したりと指をよく使います。
なので、つまみ動作は絶対出来なくては裏も表も仕事になりません!

なので、くれぐれも敵にやられたり手首に負担を掛けすぎたりして正中神経を痛めないようにしてもらいたいと思います!

ちなみに、神経麻痺や痺れに対しての治療はしっかりと確立されていないのが今の現状なのです。
電気治療機とビタミン剤くらいしか神経回復を促す治療法がないと外科医も言っています。

しかし、新たなアプローチ方法はあります。うちのお店でも実践しています。まあ…それはまた別の機会に書いていきますね!

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、東五軒町、江戸川橋、白銀町近くの鍼灸整骨院です。
東京、文京区、新宿区、千代田区、飯田橋、新宿、神楽坂、江戸川橋、水道町などにお住いの方、遊びに来られた方は是非お立ち寄りください!
「動かすと痛い」症状改善コース、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、全身調整、瘀血を抜く刺絡療法、お美顔の美容コースならお任せください!!
施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ