交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。

腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。

デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。

今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。

常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐしたり、体軸調整、俺式等尺性収縮法、無血刺絡を行ってもあまり効果が見られませんでした。

それで、「響きを与える鍼」を腰と臀部に行いました。

結論から申しますと今回の症例に対しては「響きを与える鍼」が一番効果的だったのですが、この「響き」とはなにかについて説明します。

鍼を刺した時に、皮下にある侵害受容器という特殊なセンサーがあるのですがそこに鍼が当たると「ずーーん」、「ジワーーー」というような独特な感覚が得られます。これが「響き」です。

鍼が侵害受容器に当たって軸索反射という特殊な反応が起こることで、血流促進がなされて発痛物質の除去作用が起こったり、内因性モルヒネ様物質(鎮痛物質)が分泌されて痛みの抑制作用などがおこります。さらに、「響き」を得るための侵害受容器とは「ポリモーダル受容器」という受容器に限られて、ここが興奮することで痛みの抑制だけではなくて、自律神経系、内分泌系、免疫系にも影響を与えると「はり灸理論」の教科書には記載されています。

しかし、以前のブログでも再三書かせて頂いてますが皮膚表面の刺激でも軸索反射は起こるしポリモーダル受容器は興奮しますし、別に響きを与えなくても無血刺絡の理論上、自律神経系、内分泌系、免疫系にも影響を与える事は出来ます。

…であれば、皮膚表面の無血刺絡でも効果は出るはずなのに今回の患者様は無血刺絡では効果は全くありませんでした。なぜ、鍼で「響き」を与える事で症状が劇的に楽になったのか?これは…正直わかりません。たぶんこれこそが「鍼」の「東洋医学」の神秘的なものなのかもしれません…。

ただひとつ言える事は、「ずーーーん」という「響く」感覚とは鍼を使わないと絶対に人間は経験できない感覚です。その特殊な感覚は鍼を刺してセンサーに触れた瞬間にきますので、いきなり来ることもあればすぐに来ないこともあります。なので、今か今かと緊張して「響」を待っていてずーーんと響く事で患者様は「きたーーー」と思われるわけです。

通常施術や無血刺絡と「響かす鍼」の相違点で言うと

1 他にはない、「ずーーん」という特別な感覚であるという事。

2 鍼を刺してもらわないと絶対に得られない刺激である。つまり刺激に希少性がある。

3 「響きが来る」というように患者様が多少緊張して待ち構える事でより強く集中して患部を意識する。

これらがせいぜい他の施術と違う事ですかね。なのでもしかすると、「響き」がないと施術効果が感じられないというのは患者様の「意識」「気持ち」「思い」といったところで変わってくるのかもしれません。

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp


<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ