交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]
2019年1月29日
座り仕事などで頭と首の位置が前に出てしまう場合は「俺式然等尺性収縮法」が有効。
デスクワークの方など、前屈みの姿勢を取り続ける事で頭と首の位置が前に出てしまっているという方が結構多いです。 この場合、頚肩背中をマッサージで緩めるとか背骨の矯正をするなどと思う方もいらっしゃると思いますが、ご自身少しでも改善できる方法があります。 それは、首に「俺式然等尺性収縮」をかけるという方法 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

五分で症状が改善した症例集。70代男性 寝違え、頚の前屈痛。東京都新宿区の鍼灸整骨院。

皆様こんにちは。五分で症状改善した症例集について書いていきます。

 

五分で症状改善なんてあるわけないと思う方も多いかもしれません。しかし、軸索反射を効率よく用いて症状改善させる無血刺絡の場合、施術で効果が出る時っていうのは一瞬なんです。

そして、これこそが古くからの歴史がある鍼灸治療の真髄でもあるのではないかとすら僕は思っています。

ただ効果を出すにはどこのどの部分が痛んでいるか、その神経支配を正確に捉えて適切な刺激を加えなければなりません。あと効果が出やすいかどうかは、患者様の心の状態、考え方、持病、薬の服用具合なども関係しています。

 

血の巡りが悪くて痛みが出ている、もしくは血流不良が関係しているような症状ですと無血刺絡により早期に効果が出やすい傾向にあります。軸索反射とは簡単にいうと、まさに血管を開かせて内因性発痛物質を散らす、血流促進させる反射です。

お灸にしても、鍼にしても、チクっ!アツ!!という熱さ、痛さなどの痛圧刺激で軸索反射を起こしていると考えられます。

ですが、それにはもぐさ、線香、ライター、鍼など特に鍼は一本一本未使用のものを用意しなくてはならないし、やけどや細菌感染、神経や内部の組織を傷つけるリスクがあることはあります。

なのでなるべくもぐさや鍼などを用いず、リスクなく楽にこの反射を起こして、痛みやなんらかの症状を早期に改善できるならばそれに越したことはないでしょう。

その点から見て無血刺絡は非常に優れた治療法といえます。

 

さて、前置きが長くなりすぎましたが、今回は下を向いたり左右を向く際に首から背中にかけて痛むという状態でした。特に下を向くのが辛い状態です。

仕事は立ち仕事で、同じ姿勢も多くて腕や背中を結構酷使するようなものです。

このことから、全体的に筋肉疲労気味でありそれにより血の巡りが悪くなりがちだと推察できます。

下を向くときに辛いというのは、肩甲骨から首にくっ付いている肩甲挙筋というものがあります。まずは痛む動きと関連している筋肉をはじめ痛みを訴える周辺に無血刺絡の刺激を加えました。

…すると、かなりいい感じに赤くなり(これこそ軸索反射により起こるフレアー現象)その場で痛みはほぼなくなりました。

マックスで痛いときを10とすると今はいくつですか?と聞くとほぼゼロとおっしゃいました。

もしかするとまた血の巡りが悪くなってくると症状がでるかもしれませんが、筋肉筋膜由来の痛みならばその後の痛みのぶり返しはほとんど起こりません。これは今までの臨床経験上の僕の統計によるものです。

変形性の関節症、ヘルニアや狭窄症など骨や神経、関節からくる痛みならば、また症状がぶり返すことはあります。なので継続してのメンテナンスが必要になります。骨の変形などはどうやっても治せません。でも症状を抑えることは可能だと思います。

 

ただ、筋筋膜性の痛みや血流が悪くて起こる痛みや症状で無血刺絡が効きやすい場合だったとしても効果が出にくい場合もあります。

それは患者様の心の開き具合や、施術の受け入れ態勢です。

効果が出せなかった時の言い訳とかじゃなく、ピアノやゴルフのレッスンでも商品を購入する際でも、何らかのショウを観覧する際にも受け手側の協力が必要不可欠です。それがないと最高の効果とそれに付随する付加価値的なものは生まれません。

さあ、治せるもんならやってみろやとか、今まで何年も辛くていろんな有名な先生にやってもらって治らんかった症状が治ってたまるかとか、絶対思い通りになってたまるか、西洋医学以外信じてないみたいな、はじめから疑ってかかって、なんなら治りたくないと思っている方もいます。当院ではそのような方はいませんが…。

そんな心の状態では交感神経が優位になっていて、簡単に言うと臨戦態勢に入っていますのでこれから副交感神経優位にして血管を開かせ痛みを散らすなんてことできるわけがないんですね。

そのような方は、有名な大学病院で偉い教授に診てもらって薬でも出してもらうか、当院のブログをしっかりと読んでからいらして頂きたいと思います(笑)

まあ、どのようにしても全く結果が出ないこともあるとは思います。医療に100%はないので。それでも自律神経に働きかけ、軸索反射を起こす無血刺絡療法、気になる方はいつでもお待ちしております。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

鍼灸師で唯一テレ朝時代劇「必殺仕事人」シリーズの考察を行ってます。
東京都 新宿区 文京区 神楽坂 飯田橋 で鍼灸、整骨院をお探しなら是非、東五軒町鍼灸整骨院へお越し下さい。
当院は、あらゆる「動かすと痛い」症状改善の手技、自律神経調整に効果がある無血刺絡、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、瘀血を出す刺絡、お美顔の美容コースを行っております。その他、自賠責、労災は自費負担ゼロで施術が受けれます。

 

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ