交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

なかなか症状が改善しない。腰の側屈痛。原点に戻る事も大切。

今回は腰の側屈時痛です。

腰を横に倒した時に腰が痛むという症状です。これは、無血刺絡や押圧刺激、俺式然等尺性収縮などを用い、臀部の筋肉や足の急所に響かしたり、お腹側の筋肉などを緩める事で早期に且大幅に改善するケースもありますが、それらを行ってもなかなか症状が改善しないケースもあります。

側屈時痛だけに限らず、どこの部位の運動時痛に関しても言えますがなかなか改善しない症状の場合はいくつかの理由が考えられます。

まず一つとして、真の原因箇所を突き止められていないという事です。

筋肉、それを包む筋膜、神経、血管、経絡、はたまたアナトミートレインという概念などの様々な繋がりと言うものが人体にはあり、その繋がりのどこかの部分で円滑に動いていない部分があると痛みなどの症状が出ます。

痛むところに必ずしも原因があるわけではなくて、はた目には全く関係ない離れた箇所(でも繋がりはある)を緩める事により改善するという考え方です。

そしてそれは、患者様の生活習慣に起因している可能性が非常に高く、何気なく行っているしぐさ、クセ、トレーニング、仕事などの何らかの動きが積もり積もって結果身体のバランスが崩れて離れた弱い部分に症状が出ているという場合があるのです。

なので、なかなか症状が緩和されない時は本当の意味での、真の原因箇所に辿り着けてない可能性がが考えられるのです。この場合、何か特殊な動きをする仕事や趣味をされていないか、2週間くらい以内にどこでもいいのでどこかを痛めたりしていないかなど注意深くお話を伺わねばなりません。

次に考えられるのは外力により組織損傷を起こしている、挫傷、捻挫、打撲などの類です。筋組織や関節部分を痛めてしまった場合は組織の修復にどうしても時間を有しますので、一回の施術ですっきりすべての痛みが無くなるというのは難しいでしょう。

最後に、加齢による変形や何らかの疾患に起因しての痛みや症状も取りにくいです。施術直後は楽になったとしてもまたすぐに痛みがぶり返してしまうなんらかの強い症状や安静時痛は注意が必要です。

今回の患者様の側屈痛は、加齢による変形や器質的な疾患が背景にあるわけではない、そして明らかに大きく捻ったなどの怪我があるというわけでもありません。恐らく知らない内に介達外力が積み重なって亜急性の損傷を起こした状態なのではないかと思われます。

繋がりの急所などを緩めてもそのような場合施術部位としては、痛む原点に戻るというのも一つです。

具体的にいいうと、今回は痛む局所に鍼で響きを与えました。以前の症例集で深部の筋肉にも皮膚表面の無血刺絡で症状が改善したという症例や、皮膚表面の刺激でも鍼と同等の効果を出せると書きました。じゃあ、無血刺絡の刺激で治るのではないのかと思われる方も多いと思いますが、そうそうすべてにおいて必ず効果が出るわけではないのです。効果が出ないときもあります。…人体はとても複雑なのです。

皮膚表面の刺激で侵害受容器の興奮が確認できているともブログで書きましたが、鍼で実際に深部の侵害受容器を興奮させて響きという独特の感触を与えるというのもひとつなのです。今回は鍼を刺して響きを与え、軽くパルスを掛けました。これで一度様子を見ます。

翌日いらっしゃった時に患者様が仰っていたのは、鍼の響きと電気鍼がよかったのか今日はグッと楽になったとのことでした。

結局今回の症状は、局所へのはり治療が一番功を成したという事になります。局所への鍼は必ずしも万能ではないですが…鍼の「響」という概念、刺激、生体反応は…やはり侮れないし神秘的なものだと思わざるを得ません。

なかなか改善しない痛みの施術で大切な事は、「絶対にあきらめない事」

「あらゆる手段を考える事」「森を見てだめならもう一度木を見る事」「診る箇所も施術法も一度原点に立ち返ってみる事」だと僕は考えます。

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ