交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]
2019年1月29日
座り仕事などで頭と首の位置が前に出てしまう場合は「俺式然等尺性収縮法」が有効。
デスクワークの方など、前屈みの姿勢を取り続ける事で頭と首の位置が前に出てしまっているという方が結構多いです。 この場合、頚肩背中をマッサージで緩めるとか背骨の矯正をするなどと思う方もいらっしゃると思いますが、ご自身少しでも改善できる方法があります。 それは、首に「俺式然等尺性収縮」をかけるという方法 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

32歳 女性 主訴 デスクワークによる腰の痛みの施術方針。

こちらの患者様は、お仕事が座り仕事で頚肩背中腰が辛く、特に腰は慢性的に重だるく痛みがある状態でした。

腰の痛みで思い浮かぶ疾患に「ぎっくり腰」があります。ぎっくり腰とは正式名称「腰部捻挫」とか「急性腰部痛」などとよばれます。

勢いよくすべって転んで腰を強く捻りぎっくり腰になることもありますが、多くは小さな負担が腰に継続的にかかりいつの日か腰を大きく痛めてしまうのです。

 

さて、今回の患者様の症状ですが長期的に腰に負担が掛かっていて腰を前後に曲げたり、捻る動作が特に痛み、重だるさがあるというものです。

体を捻る時に腰が痛む場合は、腰の横側の筋肉やお腹側の筋肉、臀部の筋肉が大きく関係しています。それらの筋肉全体が硬くなり血の巡りが悪くなることによって、痛みや重だるさにつながったと考えられます。

腰を捻る動きが辛い場合、臀部の筋硬結部(押すと固いところ)を緩めたり響かせるだけでも腰の回旋動作がかなり楽になる場合が多いです。

その他、腰を前に倒す時に痛む場合はフクラハギや膝裏を。後ろに倒すときに痛む場合は大腿部の内側部分や、お腹の筋肉などにある急所を響かせたり、緩ませたりすることにより症状が大きく改善することが多いです。

 

患部から離れた個所を施術しても意味ないだろと思われる方もいらっしゃるかもしれません。整形のリハビリでは医師の指示で、痛む箇所に電気をあてたりマッサージをしたりします。しかしそれでよくなる場合もありますが、一癖ある症状や慢性症状の場合はあまり効果はありません。

僕の10年以上の経験の中で患部にアプローチするより、その痛む部位と繋がりがある然るべきポイントを探っていって刺激を加える事の方が断然、症状緩和の確率が高くそして症状が改善する時間が短い事に気づいたのです。

 

なので、今回の患者様はいつも仕事中机とパソコン画面の位置の関係で常に少しだけ左に体を捻って画面を見るという特徴があり、日常生活では右に割と重心をかけてしまう癖がありました。

体を左に捻るという事は左が縮んで、右が引き伸ばされます。右に重心をかけると右の股関節周辺や足の筋肉に負担が掛かります。

よって、痛む箇所は腰全体とおっしゃっていましたが右の股関節周辺や足の急所を響かせて筋肉を緩めた結果、症状が大分改善しました。

さらに、先の施術で見つけた症状緩和のポイントに電気治療器をあてて施術終了です。

 

症状はかなり楽になっても、電気治療器がお気に召したようで定期的に施術と電気治療器を今でもかけにいらっしゃいます。

 

症状を改善させるには、患部以外の部位も見ていかなくてはならないのです!

気になる症状をお持ちの方は是非当院へお越しください!

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より

東京都、新宿区、神楽坂 飯田橋 東五軒町 西五軒町 などにお住まいの方は是非ともお待ちしております。
「動かすと痛い」症状改善。交通事故治療・鍼灸整体、頭痛鎮静の鍼、悪い血を抜く刺絡療法、硬い部分に響かせる鍼、お美顔の美容コース、中医学に基づく全身調整ならお任せ下さい。

 

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ