交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年1月18日
動かすと痛い症状改善集。ジャケットを羽織るときに肩甲骨、背中が痛い。
今回は背中、肩甲骨の痛みです。ジャケットを羽織って腕を通す時、肩を後ろに大きく回すような動きをすると肩甲骨付近の背中がズキっと痛いという症状です。 結論から言うと、こちらの症状は鎖骨の下、上腕、前腕の筋肉を緩める事で緩和されました。背中、腕、鎖骨、肩というのは繋がりがあります。腕の筋肉が硬くなって上 […]
2019年1月16日
動かすと痛い症状改善集。朝起きた時の腰の痛み。
「今は痛くないんだけれど、朝起きた時が痛くてね…」このような症状を経験された方もいらっしゃると思います。 このような場合、睡眠中は体温調整が難しく汗をかいて体が冷えている、その上睡眠中は動いていないので硬くなって血の巡りが悪くなり痛みが出る、さらにその背景に、変形性腰椎症や椎間板症、普段腰に負荷がか […]
2019年1月16日
なかなか症状が改善しない。腰の側屈痛。原点に戻る事も大切。
今回は腰の側屈時痛です。 腰を横に倒した時に腰が痛むという症状です。これは、無血刺絡や押圧刺激、俺式然等尺性収縮などを用い、臀部の筋肉や足の急所に響かしたり、お腹側の筋肉などを緩める事で早期に且大幅に改善するケースもありますが、それらを行ってもなかなか症状が改善しないケースもあります。 側屈時痛だけ […]
2019年1月10日
俺式等尺性収縮法で改善した動かすと痛い症例。咳する時に響く腰痛。
ぎっくり腰の時や、通常の腰痛、転んだ後などに咳払いをしただけでも腰に響いて痛い、咳するのが怖いという症状があります。 このような経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。 今回のケースは、立ち仕事で疲労がたまり筋肉が硬くなって特に捻ったわけでもなくぎっくり腰に近い腰痛を起こしてしまったという状 […]
2019年1月9日
無血刺絡で緩和した動かすと痛い症例。転んで強く痛めた腰。
今回の症例は、後ろに転倒して腰周辺を打ち付け腰が痛くなったという症状です。転んだ時、明らかにぶつけた所は痛いですが後になってぶつけた箇所以外のところが痛くなったり、こんなところも痛かったのかという思いもよらぬ箇所が痛むことがあります。 動かして痛む症状としては、腫れ、熱感、外傷、安静時痛はなく、ぶつ […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

鍼灸理論シリーズ。鍼灸の禁忌について。

皆様こんにちは。

今日は、鍼灸理論シリーズから鍼灸治療の禁忌について書いていきます。

 

まず、鍼灸治療の考え方についてです。

鍼灸は、機械的刺激あるいは温熱刺激を与え、効果的な生体反応を引き起こし、保護、疾病の予防、治療などに用いられます。

鍼灸刺激による生体反応は施術した部位だけでなく、中枢神経系の様々な部位を介して遠隔部にも反応が生じます。

その結果、鎮痛、自律神経系、内分泌の調節による全身的な影響、血流の調節や免疫機能の変化などが生じ、様々な症状や疾患が改善すると考えられています。

このことから、鍼灸治療は機能的疾患に対して最も効果を上げる事が出来るといえます。※鍼灸理論の教科書から抜粋。

 

WHOの基準に基づく、主な鍼灸の適応症の表があります。

書くと長くなってしまうのでまたの機会にでも書きます。

 

さて、ここで本題の鍼灸治療の禁忌についてです。

鍼施術の禁忌。

刺鍼を避ける部位として、新生児の大泉門、外生殖器、臍部、眼球、急性炎症部位、などです。

また、臓器に対しての刺鍼も禁忌です。

具体的にいうと、肺、胸膜、心臓、腎臓、脊髄、延髄、中枢神経系、大血管などです。

 

灸施術の禁忌。

顔面部や化膿を起こしやすい部位、浅層に大血管がある部位、皮膚病の患部などへの直接灸は避けねばなりません。

 

鍼灸治療は生体の反応応用した治療であり、病態や症状の改善を目的に鍼灸治療が行われてきたために疾患名で絶対的な禁忌を決めるのは難しいです。

一般には、

安静が必要な場合

刺激を加えることで有害作用を起こす場合

免疫能が低下し、感染危険が高い場合

などは施術を避けるべきと考えられています。

 

WHOのガイドラインでは、安全性重視して

妊娠(陣痛を誘発する可能性、流産誘発するかのうせいがある)

救急事態もしくは手術必要とする場合。

悪性腫瘍(腫瘍への直接刺激は避ける)

出血性の疾患

と、書かれています。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。
東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、東五軒町、江戸川橋、白銀町近くの鍼灸整骨院です。
東京、文京区、新宿区、千代田区、飯田橋、新宿、神楽坂、江戸川橋、水道町などにお住いの方、遊びに来られた方は是非お立ち寄りください!
自律神経調整、難治性疾患、膠原病、アレルギー疾患に効果が見込める無血刺絡療法、「動かすと痛い」症状改善コース、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、全身調整、瘀血を抜く刺絡療法、お美顔の美容コースならお任せください!!

 

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

 

 

 

 

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ