交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年1月18日
動かすと痛い症状改善集。ジャケットを羽織るときに肩甲骨、背中が痛い。
今回は背中、肩甲骨の痛みです。ジャケットを羽織って腕を通す時、肩を後ろに大きく回すような動きをすると肩甲骨付近の背中がズキっと痛いという症状です。 結論から言うと、こちらの症状は鎖骨の下、上腕、前腕の筋肉を緩める事で緩和されました。背中、腕、鎖骨、肩というのは繋がりがあります。腕の筋肉が硬くなって上 […]
2019年1月16日
動かすと痛い症状改善集。朝起きた時の腰の痛み。
「今は痛くないんだけれど、朝起きた時が痛くてね…」このような症状を経験された方もいらっしゃると思います。 このような場合、睡眠中は体温調整が難しく汗をかいて体が冷えている、その上睡眠中は動いていないので硬くなって血の巡りが悪くなり痛みが出る、さらにその背景に、変形性腰椎症や椎間板症、普段腰に負荷がか […]
2019年1月16日
なかなか症状が改善しない。腰の側屈痛。原点に戻る事も大切。
今回は腰の側屈時痛です。 腰を横に倒した時に腰が痛むという症状です。これは、無血刺絡や押圧刺激、俺式然等尺性収縮などを用い、臀部の筋肉や足の急所に響かしたり、お腹側の筋肉などを緩める事で早期に且大幅に改善するケースもありますが、それらを行ってもなかなか症状が改善しないケースもあります。 側屈時痛だけ […]
2019年1月10日
俺式等尺性収縮法で改善した動かすと痛い症例。咳する時に響く腰痛。
ぎっくり腰の時や、通常の腰痛、転んだ後などに咳払いをしただけでも腰に響いて痛い、咳するのが怖いという症状があります。 このような経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。 今回のケースは、立ち仕事で疲労がたまり筋肉が硬くなって特に捻ったわけでもなくぎっくり腰に近い腰痛を起こしてしまったという状 […]
2019年1月9日
無血刺絡で緩和した動かすと痛い症例。転んで強く痛めた腰。
今回の症例は、後ろに転倒して腰周辺を打ち付け腰が痛くなったという症状です。転んだ時、明らかにぶつけた所は痛いですが後になってぶつけた箇所以外のところが痛くなったり、こんなところも痛かったのかという思いもよらぬ箇所が痛むことがあります。 動かして痛む症状としては、腫れ、熱感、外傷、安静時痛はなく、ぶつ […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

鍼灸理論シリーズ。お灸について。もぐさとは??

皆様こんにちは。

今日は、鍼灸の中の「お灸」について書いていきます。

 

まず、お灸の材料についてです。

「もぐさ」というものを使います。もぐさは、ヨモギの葉からつくられます。もぐさは、燃焼時に人間の皮膚、組織の上で適度な温熱刺激を与えることができるため、古来から疾病の治療に用いられてきました。

 

ヨモギは、野山に自生するキク科の多年生植物です。春に芽を出し成長をはじめ、秋には白い小さな花を咲かせます。

新葉は食用にも用いられ、緑色がきれいでいい匂いがします。草餅や、ヨモギ飴などの材料にもなります。

さらに煎じたり、粉末状にしたりして胃腸薬や保健剤として用いられることもあります。

ヨモギは全国で生産されていますが、生産量は新潟県が最も多いです。※ここは、国家試験問題で出る事があります!「新潟県」忘れないで覚えた方がいいです。

 

もぐさの作り方について。

5~8月頃にヨモギを採集し、葉のみを3~4日間直射日光または、火力で乾燥させ、水分を極限まで蒸発させます。(含水率1~2%以下)そして、それを石うすで引いて、篩にかけます。さらに、唐箕(風力を用いる特殊な装置)で細かい不純物を除去すると、良質なモグサが出来上がります。

製造段階で、良質なモグサや粗悪なモグサなど様々なグレードのモグサが出来上がりますが、それぞれ使用目的に合わせて使い分けます。

 

もぐさの成分について。

モグサは主に、ヨモギの葉の裏にある毛茸(モウジョウ)と腺毛(センモウ)からできています。

毛茸は、キク科植物などの葉に密生する白い毛のことで各種の形状をしていますが、ヨモギの毛茸はTの字形をしたものが多いです。

腺毛には、揮発性の精油が含まれています。精油の主成分はチネオールで、燃焼によりモグサ独特の芳香を発します。

以上の成分の他に、モグサは線維、タンパク質などの有機物、類脂質、灰分、ビタミンB、Cなどを含んでいます。

 

良質もぐさと粗悪もぐさについて。

良質は、

匂いが良い 手触りが良く柔らかい 淡黄白色 線維が細かい 不純物が少ない 燃焼時に煙と灰が少ない 燃焼時の熱感が緩和

粗悪の場合は、

青臭い 手触りが悪く硬い 黒褐色 線維が粗い 不純物が多い 燃焼時の煙と灰が多い 燃焼時の熱感が強い

 

という違いがあります。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

東京都、新宿区、飯田橋、神楽坂にお住いの方、遊びにいらした方は是非ともお立ち寄りください。

「動かすと痛い」症状改善、頭痛鎮静の鍼、瘀血を抜く刺絡療法、お美顔の美容コースなら当院にお任せください。

 

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ