交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]
2019年1月29日
座り仕事などで頭と首の位置が前に出てしまう場合は「俺式然等尺性収縮法」が有効。
デスクワークの方など、前屈みの姿勢を取り続ける事で頭と首の位置が前に出てしまっているという方が結構多いです。 この場合、頚肩背中をマッサージで緩めるとか背骨の矯正をするなどと思う方もいらっしゃると思いますが、ご自身少しでも改善できる方法があります。 それは、首に「俺式然等尺性収縮」をかけるという方法 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

頚椎症の強い痺れと痛み。神楽坂東五軒町鍼灸整骨院。

皆様こんにちは。

今回は、頚椎症による強い痛みや痺れがあるという患者様です。

首を曲げたり動かしたりすることで、離れた腕や肘、指先に痛みや痺れが現れるという症状がありますのでこれは明らかに首からきていると言えるでしょう。

お盆休みという事で病院が診療していなくて当院にいらして頂きました。昨夜は痛くてあまり寝れなかったという事で、とても辛い状態です。今までの既往歴としてヘルニアなど頚の疾患で診断されたことはないけれど、以前から頚周りに痛みや腕に痺れの様なものが出ていたという事でした。

このように強く神経症状が出ている場合は、頚椎症、頸椎ヘルニアなどを視野に入れて考える必要があり、それらの増悪期の場合もあります。やみくもに筋肉を触ったり関節を動かしたりしてはいけません。整形外科で勤務していた時の経験では、頚の症状が強く出ている場合は頸椎カラーを付けて安静にして固定するというのも一つの処置法で、疼痛を軽減させることが出来ると学びました。

あとは、神経回復作用がある電気治療器を症状のある周辺に極々弱く当てるというのも一つです。牽引療法もいいと判断されるお医者さんもいますが、関節、筋肉と同時に神経も引っ張られますので、神経症状が出ている時は神経によりダメージが加わる可能性があるから良くないという場合もあるそうです。なので、うちでは牽引機は置いていません。

 

脳神経外科医の長田先生が考案された無血刺絡療法を当院では行っています。この無血刺絡は、頚椎症による痺れや痛みが改善した症例が多々ある他、頚だけに限らずヘルニアや狭窄症による痺れなど、様々な痛みや痺れの症状が改善した症例があります。

痺れに対する対処法は、ここ半世紀電気治療器とビタミン剤くらいしか神経の髄鞘部分を回復させることが出来ないと考えられてきたという歴史があります。しかし、長田先生のクリニックや、その他無血刺絡を行っている臨床家の症例データに基づいて鑑みると無血刺絡により痺れの症状が改善したという症例が非常に多くあるのです。

事故などで神経が断裂及び部分断裂した、頚髄症などで神経そのものが非可逆的変性を起こしている場合は改善することは難しいようですが、それ以外の場合は改善する可能性があるという事です。

それを信じて無血刺絡をまずは行いました。高位診断をした結果、症状が出ている範囲はC4、5という事がわかりましたので、その部位に対応している急所に刺激を加えていきます。フレアー現象が確認出来たら即座に刺激はやめます。それで症状は何か変化したかという事を伺いましたところ、来た時より楽だけど動かすと辛いとおしゃっていました。昨夜は痛みでほとんど寝れなかったということと、休日で旅行に出かけていたということもあって、かなりお疲れでどことなく元気がないような状態でした。東洋医学的にこのような状態を「虚証」と言いますが、この時にあまり強い刺激や長い時間の刺激は行ってはいけないという考えがあります。なのでそれを考えた上で、最後に干渉波という電気治療器を極々弱くかけてその日の施術は終了しました。

 

施術が終了した直後でペインスケールを尋ねたところ、マックスの痛みが10とするなら今は7から8くらいとおっしゃっていました。大幅に改善されたわけではありませんが、かなり強い神経症状が出ていましたので初回の施術はこれくらいにして、次の日に整形外科に行って頂くように申し上げました。施術後、少し時間が経過したり一晩寝て次に日になるとまた症状が変化することもあります。

こちらは経過観察です。

※症状には個人差があり必ずしも効果を保証するわけではありません。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?__FLOWID__=d9be078084d78a17ada192f48831cb2f945c0a60

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ