交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年1月18日
動かすと痛い症状改善集。ジャケットを羽織るときに肩甲骨、背中が痛い。
今回は背中、肩甲骨の痛みです。ジャケットを羽織って腕を通す時、肩を後ろに大きく回すような動きをすると肩甲骨付近の背中がズキっと痛いという症状です。 結論から言うと、こちらの症状は鎖骨の下、上腕、前腕の筋肉を緩める事で緩和されました。背中、腕、鎖骨、肩というのは繋がりがあります。腕の筋肉が硬くなって上 […]
2019年1月16日
動かすと痛い症状改善集。朝起きた時の腰の痛み。
「今は痛くないんだけれど、朝起きた時が痛くてね…」このような症状を経験された方もいらっしゃると思います。 このような場合、睡眠中は体温調整が難しく汗をかいて体が冷えている、その上睡眠中は動いていないので硬くなって血の巡りが悪くなり痛みが出る、さらにその背景に、変形性腰椎症や椎間板症、普段腰に負荷がか […]
2019年1月16日
なかなか症状が改善しない。腰の側屈痛。原点に戻る事も大切。
今回は腰の側屈時痛です。 腰を横に倒した時に腰が痛むという症状です。これは、無血刺絡や押圧刺激、俺式然等尺性収縮などを用い、臀部の筋肉や足の急所に響かしたり、お腹側の筋肉などを緩める事で早期に且大幅に改善するケースもありますが、それらを行ってもなかなか症状が改善しないケースもあります。 側屈時痛だけ […]
2019年1月10日
俺式等尺性収縮法で改善した動かすと痛い症例。咳する時に響く腰痛。
ぎっくり腰の時や、通常の腰痛、転んだ後などに咳払いをしただけでも腰に響いて痛い、咳するのが怖いという症状があります。 このような経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。 今回のケースは、立ち仕事で疲労がたまり筋肉が硬くなって特に捻ったわけでもなくぎっくり腰に近い腰痛を起こしてしまったという状 […]
2019年1月9日
無血刺絡で緩和した動かすと痛い症例。転んで強く痛めた腰。
今回の症例は、後ろに転倒して腰周辺を打ち付け腰が痛くなったという症状です。転んだ時、明らかにぶつけた所は痛いですが後になってぶつけた箇所以外のところが痛くなったり、こんなところも痛かったのかという思いもよらぬ箇所が痛むことがあります。 動かして痛む症状としては、腫れ、熱感、外傷、安静時痛はなく、ぶつ […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

無血刺絡療法で改善した動かすと痛い症例。50代女性 安静時痛もある急性のぎっくり腰。


50代女性、急性のぎっくり腰の症例です。
 
前日に、少し激しめにフィットネスで運動されたようでそこから一晩立ってとても痛くなったとのこと。自転車を杖替わりにして、なんとか当院へお越し頂きました。
座っているだけでも痛むというとても辛い状態でした。
左右に腰を捻る、前後に倒すのが特に辛い状態でした。側屈はそこまで辛くなさそうでした。
 
痛むところを手で押さえてもらうと、仙骨のあたりを抑えてました。よくわからない、全体が痛いともおしゃっていました。
なにせ、安静にしていても痛い状態ですのでなかなか冷静にゆっくり評価したり、患者様も痛みが気になって気になって一刻も早く楽になりたいという思いでいっぱいです。
 
とりあえず、横になりと動けなくなる可能性もありますので座った状態(座位)で施術することにしました。
仙骨部、正中仙骨稜、仙骨孔、仙腸関節周辺にチクチク刺激を与えました。とてもくすぐったい、痛いとおっしゃってました。
かなり反応があるなと思いました。
仙骨周辺が赤くなってきたのを確認したのち、いちど刺激を止めてみました。
この状態でいかがですか?と尋ねると、あれ?痛くないかも…とのことでとりあえず安静時痛が軽減しました。
左右回旋時の痛みは、股関節からきていることも多く中殿筋部を抑えて回旋してもらうと結構楽になることが多いです。
それも併せて行い、症状は安静時痛、左右回旋時痛はかなり楽になりました。
後は、前後屈時の痛みですね。
 
今度は、腰椎一番から五番までの椎間関節部、その横一行線、さらにその横二行線部に無血刺絡のチクチク刺激を加えました。
すると、先程よりも楽だとおっしゃいました。前後屈時の痛みもかなり改善しました。
一番痛い時が10だとすると今どれくらいですか?と、ペインスケールを伺ってみました。すると、3くらいとお答えいただきました!
翌日どうしても外せない用事があるとおしゃっていたので症状がとても辛い時の半分以下になってもらえて本当に良かったと思いました。
 
ぎっくり腰は、場合によっては救急車で運ばれるケースもあります。病院での治療方針はとにかく痛みを鎮めること。座薬、ブロック注射などを用います。
無血刺絡の創始者である長田先生は、硬膜外ブロック注射という下肢全体の痛みを打ち消す強い痛み止めでも取れなかったぎっくり腰の痛みを3回で完全に取り去ることに成功したという症例を持ってます。
 
患者様のお身体の個体差はありにせよ、動かすと痛い状態での運動療法や、時間がかかるマッサージや鍼と比べ短時間で患者様の痛みを和らげる効果が期待できる無血刺絡は優れた療法だと思います。
 
施術を予約する。
https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp
 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ