交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

必殺仕事人の考察シリーズ。仕事人になるための修業について。「紐系」編。

皆様こんばんは。
今日も必殺シリーズの考察で、仕事人になるための修行について書いていきます。
今回は、「紐系」の仕事人になるためにはどうすればいいかを考えていきましょう!紐系の仕事人は、竜、勇次、銀平、赤井剣之助などです。

まず紐系の特徴は、紐状のもので離れた相手の頚を締めて倒すというものです。

…まあ中には赤井 剣之介のように、相手の髪の毛を使って頚を締める仕事人もいますが、剣之助は例外ですね(笑)
あの技は、元侍で体幹がしっかりしていて力がそれなりに強い剣之助だから成せる技です。

接近戦や、肉弾戦が苦手で割と非力な仕事人が遠距離攻撃ができる紐系の仕事人になる傾向が強いですね。

さて、紐系の仕事人になるにはなんていっても紐のようなものを離れた位置から相手の頚に正確にひっ絡めるという事ができなくてはいけません。

なので、まずは自分の手に馴染む紐状のものを探して、木などを相手に何度も紐を投げて取れないようにひっ絡めるという練習をしなくてはいけませんね。

竜の組紐のように、尖端に重りのような鈴とか分銅がついてると比較的やりやすいかもしれません。
ところが、勇次の三味線の糸だと軽いし弱いのでめちゃくちゃ難しいと思います。

僕も中学生の時、おばあちゃんにねぶた用の鈴をもらい、紐にくくりつけて丁度よい高さの家具の棒部分目掛けて何回かマネしてみたことがありました(笑)
何度やっても全くコツもつかめないし上手くいかなかった事を覚えています…。

まあ、とりあえず上手くひっ絡める事が出来たとしましょう。

次に大切なのが、そこから敵の動きを何とかして止めて約五分、締め続けながら、必要に応じて屋根まで引っ張ってくる強靭な腕力を鍛えねばなりません。

離れた場所から紐を投げただけで敵の頚に紐を絡めるということですので、仕組みさえ分かれば恐らく簡単に外れるはずです。
外れないよう複雑に紐を絡めるというのは手を使わず遠距離からできるはずがありません。

なので紐をかけたら、今度は紐を外されないように、尚且つ小刀などで紐を切られないように何らかの方法で敵の気をそらすかあちこちに振り回さなければなりません。
なので、竜などは天井裏に敵を引っ張り上げて天井を突き破ったり、雑木林の中をジグザグに走り撹乱させたりしていると思われます。
あと、対仕事人で合い口で紐を切られそうになった時に上手く紐を操り、合い口を持った手首を封じるというテクニックもあります。
そういった応用編も練習が必要ですね。

最後に必要になるのは、一度紐をひっ絡めて締めた後に外すというテクニックですね。
これが出来ないと、紐が外れなくなってしまい自分が逃げれなくなります。

勇次の場合は技が決まった後に、三味線の糸をぶち切ってますね。
ぶち切った時にバチーーんと三味線の弦の音がしますので、あれは頚に糸が残ってる状態なのではないかと考察できます。
なぜなら、技が決まった後思いっきり引っ張った時に全部糸が切れることなく手元にきているならば、シュルシュルーーと綺麗に引っ張ってこれるはずです。
それが、首の部分で三味線の糸がしっかりひっ絡まって固定されてるので強く引っ張った時に糸がぶち切れて、バチーーんと音がなっているのだと思います。
なので、勇次の場合は敵の頚に三味線の糸がたぶん残った状態で去っています。

そんなことをしたら次の日には、江戸の三味線屋と三味線の糸を卸している業者や製造会社が一斉に洗いざらい調べられ、勇次が捕まるのは時間の問題なのですが…そこは一流の仕事人なので何らかの方法で抜け目なく処理しているのでしょう(笑)

離れた所から敵の頚に紐を絡めて強い腕力をで締めた後、証拠を残さず手元に紐を納めて現場から去る!これが出来るようにならないと紐系の仕事人にはなれません!…というかそんなこと物理的に無理なのでなれません!(笑)

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。
東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、東五軒町、江戸川橋、白銀町近くの鍼灸整骨院です。
東京、文京区、新宿区、千代田区、飯田橋、新宿、神楽坂、江戸川橋、水道町などにお住いの方、遊びに来られた方は是非お立ち寄りください!
「動かすと痛い」症状改善コース、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、全身調整、瘀血を抜く刺絡療法、お美顔の美容コースならお任せください!!
施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

 

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ