交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

3カ月前の肋骨骨折後の体幹回旋時痛。神楽坂東五軒町鍼灸整骨院。

皆様こんにちは。

今回は、3カ月前に転んで脇腹を痛めてその後、整形外科で肋骨骨折と言われた患者様です。

肋骨骨折で肋骨の骨癒合に有する期間はグルトの分類によると、約3週間です。

 

肋骨骨折が認められた場合、よほど強い転移があったり肺の損傷が懸念されないようであれば経過観察しながら患部周辺に電気治療器をかけて、湿布を貼って、バストバンドで固定するというのが一般的なリハビリと処置法です。多くが、レントゲンでよーーく見ると薄く骨折線が入っているケースです。これを肋骨の不全骨折と言います。

電気治療器は痛みを訴えている神経の鎮静、および神経回復作用がありその他電気刺激を入れる事で骨折部分の骨融合が促進されるという効果があります。外傷の場合は、安静固定が回復を早めますのでバスしトバンドでしっかり固定します。いくら転位がないにしても骨がある程度くっ付くまでは痛みが強い時もありますので、とても痛い場合は医師から痛み止めや湿布薬が処方されます。

 

今回の患者様は、診断後特にリハビリっをしたわけでもなく、苦しいという事で医師同意の上でバストバンドもつけなかった、ただ湿布を貼ってしのいでいたという状態でした。そこから察するに恐らく、骨折は骨折でも骨折線が入る程度の肋骨の不全骨折と考えられます。

それでも痛みが強く出る事もあります。特に、初期の段階で適切な固定や理学療法を行っていないと余計に後々痛みが出る可能性が高いかもしれません。

3カ月も前の骨折なので骨癒合の機序が今でも起こっているという事は考えにくいです。ではなぜ痛みが強く出る事があるのか?これははっきりとしたことは言えませんが、様々な事が考えられると思います。

骨と言うのは、リモデリングと言って折れた部分が元に戻る力が働きます。しかし、このリモデリング機能は歳をとるほど衰えてきます。

今回の患者様は年齢も高いので、一度折れた部分が完全に120%元に戻120%っているかと言われればそうではないと思います。

その他、痛みがあるからとあまり動かさないでいて血の巡りが悪くなり、それにより内因性発痛物質が停滞しやすくなる。

血流不良は痛みの原因に大いになりえます。血流不足を起こす原因としては痛んだ骨折部の細胞にあるともいえます。一度骨折により痛んだ細胞が、自信を回復させるために周辺の細胞から水分やカリウム、ナトリウム、カルシウムなどの電解質を引っ張ってきます。それでも足りない時は、周辺の血管の血液から水分を引っ張ってきます。それをずっと繰り返していると、慢性的なその部位の血流不足や細胞レベルでの脱水が起こっているのです。

…超ややこしくて一般の方が見ても分からないような事を書いてしまいました。ただ、「痛みは血の巡りが悪い」と何でもかんでも血流のせいになる根拠をしっかり書いておきたかったのです。

 

話を戻します。症状としては、ただ座っているのだけでもキツい、左右回旋時痛がある(特に右回旋)、その他起き上りや寝返りなどです。

まず、座っているよりも立っている方が楽とのことでしたのでこの状態で素早くどの部分が引き金となって痛みが出ているのか評価していきます。腰の横側周辺、腹斜筋、腰方形筋、腹横筋、要腸肋筋などが肋骨にくっ付いていますのでここを押えて緩めてみました。すると、回旋時痛がかなり解消されたと仰って頂きました。しかし、手を離して暫くするとまた痛みが戻ってきてしまう。そこで、先程効果が出た筋肉部位と肋骨部位に無血刺絡の刺激を加えました。すると、かなり楽になったけれど、痛みが前の方に移動したとの事でした。そこで、今度は肋間神経の走行に沿って刺激を加えました。それにより前側の違和感は解消されたとおっしゃって頂きました。

その場は良くても、また時間の経過とともに症状は出てくる可能性はあります。なので、自宅でのセルフケアと来院して頂いてのメンテナンスや施術がとても重要になります。

セルフケア方法としては、なるべく温めるという事と、腰の横の筋肉を押えながらの体幹を捻る体操を指導させて頂きました。

※個人差がありますので効果を保証するわけではありません。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?__FLOWID__=d9be078084d78a17ada192f48831cb2f945c0a60

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ