交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]
2019年1月29日
座り仕事などで頭と首の位置が前に出てしまう場合は「俺式然等尺性収縮法」が有効。
デスクワークの方など、前屈みの姿勢を取り続ける事で頭と首の位置が前に出てしまっているという方が結構多いです。 この場合、頚肩背中をマッサージで緩めるとか背骨の矯正をするなどと思う方もいらっしゃると思いますが、ご自身少しでも改善できる方法があります。 それは、首に「俺式然等尺性収縮」をかけるという方法 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

腱鞘炎?と診断された指の打撲。神楽坂東五軒町鍼灸整骨院。

皆さまこんにちは。

今回は、病院で腱鞘炎と診断されて痛み止めの注射をされた患者様なのですが、どう負傷機序を聞いても打撲なんですね。

転んで倒れる時に指が自転車にあたり、当たった右第三指中節骨付近に圧痛、屈曲時痛があり若干の腫れがあるという状態だったそうです。

整形外科に行かれて、負傷から3日後くらいに当院にいらして頂いたのですが、その時は腫れはそんなにありませんでした。しかし、痛みのために屈曲制限があるという状態です。

事の経緯を説明した後、整形外科では腱鞘炎と判断されて第三中手骨骨頭付近にある腱鞘部分にキシロカインか何かの痛み止めの注射をされたとのことでした。それでも痛みはあまり改善しなかったそうです。

そりゃあ、指を打撲しているのに腱鞘部に痛み止めを打っても効きません。

 

…その話が本当ならこれは医者の誤診だろと思われる方も多いと思いますし、僕もそう思います。打撲と腱鞘炎とでは明らかに発生原因が違いますし処置の方法も異なります。でもそんな誰でもわかるような事を整形外科医が間違うかな…とも思います。実際、患者様も訴えがその時その時で違うこともあるのでこのような時は、自分の確固たる考えの軸はしっかり持ちながらも患者様の訴えと経緯の説明や整形外科でのやり取りの話はしっかり記憶にとどめながら慎重に経過を見つつ施術を行っていく必要があります。

まあでも、骨折や脱臼、重篤な内臓疾患と違って命の危険や後遺症が残るというレベルの話ではないので、打撲であれば時間の経過とともに治っていきますし腱鞘炎であれば定期的な施術が必要になるというくらいの事ではあります。

「くらい」と上述しましたが、打撲も腱鞘炎も患っている患者様からしたらとても大変な事です。それは重々承知の上で、命の危険やこれからの生活に大きくかかわる後遺症が絡んでくることかという観点から書かせて頂きました。

 

さて、利き手である右手の力が入る中指の打撲、屈曲時痛があるという事で一刻も早く症状改善して差し上げたいところです。

施術としては、まずは痛んだところに超音波治療器をかけて痛んだ細胞の治癒を促進させます。次に、痛んだ第三指の屈筋腱、伸筋腱にある軽い刺激を神経血管、筋腱に加えていきます。それで、もう一度屈曲してもらうと可動域が多少改善して指先が手のひらに着かなかったのが付きそうになります。

その後、テーピングを行い湿布薬を張って様子を見る事にしました。次の日もご来院頂きまして、同じ施術をしました。

3回目の施術で指先が手のひらに着くようになりました。4回目の施術の時には大分痛みもか類状態で指の曲がりも良くなってきました。

 

痛んだ第三指に行ったある刺激とは、無血刺絡と同じような原理ではありますがそれよりももう少し広範囲に刺激が出来て柔らかい刺激を加えたのです。狙いは血流促進と痛いと感じている神経の鎮静化です。

疼痛治療、怪我の場合にしても神経血管に対するアプローチはとても大切だと思います。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

※症状には個人差があり必ずしも効果を保証するわけではありません。

 

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?__FLOWID__=d9be078084d78a17ada192f48831cb2f945c0a60

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ