交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

慢性定期な冷え、疲労、胃腸の不調。神楽坂東五軒町鍼灸整骨院。

皆様こんにちは。

 

今回は、冷え、胃腸の不調、疲労です。

具体的に、ここをこうすると痛いという症状ではないです。このような内臓の症状や、何が一番の原因かはっきりとは分からない症状を不定愁訴と言いますが、そのような場合はその方の生活環境やクセ、仕事、生活サイクルなどが非常に大きく関係しています。

 

御仕事柄、自宅でもお店でも冷房をずっとかけていないといけない環境ですので、どうしても体は冷えてしまいますね。特に、今のように夏場はこのような方が多いと思います。

プライバシーもありますのであまり事細かには書きませんが、慢性的な冷えと疲労、職業柄、お酒を含んだ飲食が割と深夜に多いという状態で胃腸にも負担が掛かかりやすい状態です。

 

冷えて疲れていて、脈が遅いとか沈んでいる状態だと、東洋医学的に「虚症」といいます。治療方針としては補法と言って、疲れて足りなくなった気を補うというものになります。

なので、お灸を行いました。「虚証」の場合は、あまり激しい刺激はしない方がいいです。溜ったものを捌くような強い刺激を「瀉法」といったりします。なので、鍼を使うにしても強い響きとは与えず、細い鍼で急所に置鍼程度にとどめておきます。

 

お灸で使う急所はとりあえず、おへそ周りなどお腹です。へその横の天枢という胃の急所、左右の「天枢」に圧痛がありましたのでここにお灸を行います。

次におへその上の「中脘」にも圧痛がありました。ここも胃腸症状や自律神経調整に使う急所です。

その上の「九尾」も同じような効能があります。

 

この他に、足の陽明胃経の慢性症状に使う絡穴である「足三里」にもお灸をします。これだけでもお腹と全身が温かく感じると仰っていました。

次にうつ伏せで、胃兪、脾兪、大腸兪、小腸兪、関元兪などにお灸を行いました。

 

最後に、もともとあった腰痛治療で腰の急所に鍼を刺して置鍼を行いました。

 

これで施術は終了です。かなり体が温まったとのことでした。胃腸症状も改善はしたそうですが、やはり同じ生活スタイルを続けていくことでどうしても症状は戻りやすくなってしまいます…。なので、如何にして少しでも冷えを防ぎ、胃腸に負担を掛けないように休ませるかという事が大切になってきます。あと、そのような胃腸の不調がかなり長い事続くようであれば一度、病院でしっかり検査を受けた方がいい場合もあります。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

施術を予約する

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ