交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]
2019年1月29日
座り仕事などで頭と首の位置が前に出てしまう場合は「俺式然等尺性収縮法」が有効。
デスクワークの方など、前屈みの姿勢を取り続ける事で頭と首の位置が前に出てしまっているという方が結構多いです。 この場合、頚肩背中をマッサージで緩めるとか背骨の矯正をするなどと思う方もいらっしゃると思いますが、ご自身少しでも改善できる方法があります。 それは、首に「俺式然等尺性収縮」をかけるという方法 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

レイノー病??の指の痺れと違和感を和らげた意外な方法。神楽坂東五軒町鍼灸整骨院。

皆様こんにちは。

今回は、病院でレイノー病と診断された指の症状をお持ちの患者様です。

主訴は、人差し指が痺れる感じがして時折痛みや重だるさがあるという事です。そして夜になると冷えるという事や、冷やすと増悪するという事でレイノー病と診断されたものと思われます。

レイノー病とは、主に寒冷刺激などで四肢末端などが痺れたり感覚異常が生じたり冷たくなる、痛みや違和感の症状が出るという疾患です。「寒冷刺激」とはあるものの、膠原病で起こることもあり詳しくは原因不明と言われています。

 

さて、このような症状の患者様に対してまずは指の末端から神経の走行に沿って刺激を加え、周囲の毛細血管を開かせる手技を行いました。赤くなるフレアー現象が起こったことが確認できたので、毛細血管は開いていると思われます。

こちらは、その時は症状が無くても夜になると少し症状が出たとおしゃっていました。

次に、超音波治療器を当ててみました。超音波は、細胞を振動させることで温熱刺激を加えることが出来ます。これを行うと調子がいいと仰いました。それでも二、三日は調子が良かったけれどまた違和感が出てきたと…。

やはり温める事がいいのかと思い、今度はマイクロ波を当ててみました。これもそれなりには楽になったけれど、やはり指に違和感はあるとのことでした…。

指の痺れや感覚異常という事で頚椎症など首からきているのかとも思いましたが、頚の症状は全くなくてスパーリング、ジャクソンテストなども陰性。これは、温めつつ指の神経血管に対するアプローチを定期的に行っていって3カ月くらいは様子見かなと思っていました。

 

どのような施術も慢性の症状の場合、特に神経症状が出ている場合は3カ月を目安にまずは考えます。3カ月かけて徐々に症状に変化又は改善が見られるようであれば改善する可能性は大いにあります。でも、3カ月たってもなんの変化もなければ不可逆的な変性が神経に起きている場合があります。そうなると症状回復は困難になります。

 

まだ今回の患者様は指の症状が気になりだしてそこまで時間は経っていません。なので、少しでも症状改善された施術は続行しながら、ある療法をご自宅で取り入れてもらいました。

それは塩水補水法です。症状が改善しにくいとか、慢性的な症状がある、施術効果が出にくいという時に、痛んでいる組織の慢性的な血流不足と慢性的な脱水が原因と、それを0.1%濃度の塩水で補うという一つの考え方です。

概要を細かく書くととても長くなるので省きますが、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどが豊富な岩塩2gを2リットルの水に入れて毎日飲むというものです。こちらは僕の師匠である脳神経外科医の長田先生に教わった方法で、その他内科医の内海聡先生も推奨しており、本も出しています。

長田先生のクリニックの患者様で、高血圧症や不整脈、変形性膝関節症、レイノー症候群、その他様々な症状や疾患に効果があったという症例報告があります。

なので、今回の患者様にも岩塩入りの0.1%濃度の食塩水を作って頂き、飲んでもらうようにお伝え致しました。

 

その後、次の日くらいから指の症状が緩和してきたと、症状が出る時間が短くなりそこまで気にならなくなったとの事でした。

細胞が痛んでくると、周辺の細胞もしくは血管の血液から痛んで不足した物質物質や水分を引っ張ってきます。それにより一時しのぎが出来ても繰り返しの負担が掛かることにより、血の巡りが悪くなって細胞レベルで水分が足りなくなるというような慢性的な血流不足および脱水がおこってしまうのです。なので、痛んだ細胞に潤いと電解質を与える事で症状を改善させるという方法です。

 

こちらを取り入れたのは割と最近ですので、経過を追ってまた症例報告したいと思います。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

※症状には個人差があり必ずしも効果を保証するわけではありません。

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?__FLOWID__=d9be078084d78a17ada192f48831cb2f945c0a60

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ