東西線神楽坂駅徒歩5分の住宅地にある鍼灸整骨院です。

「動かすと痛い」症状緩和の手技に力を入れております。

急性、慢性に関わらず、ぎっくり腰や寝違え、慢性的な運動時痛などをお持ちの方は是非一度ご相談下さい。勿論、慢性的な肩こり腰痛もお待ちしております。

私はあらゆる「動かすと痛い」症状を早期に改善させるための手技を研究実践し、効果を出してきたという実績があります。※詳しくは当院ブログ(症状改善症例集)をご覧ください。

私が重きを置く施術の際の技術と理論は、今までの臨床経験、東洋医学的な鍼灸の知識や技術、整形外科のリハビリテーション科での勤務及び整形外科医の診察補助を長年務めた際に培った西洋医学的知見に基づいています。

施術を行う際に最も大切な事は「患者様に寄り添い、安全に、最大限の効果を出す」という事だと私は考えています。

鍼の「響き」がお好きな方は是非当院の鍼をお受け下さい。

頭、首、肩、肩甲骨、腕、背中、腰、臀部、太もも、ふくらはぎ、すね、など心地よく「響き」を与えていきます。

鍼の「響き」とは、鍼が筋肉の内部にある侵害受容器という特殊なセンサーに当たった瞬間に「ずーーーん」とか「じわぁーーー」というなんともいえない感覚が起こるのですがそれの事です。

この「響き」が起こることで、血流促進、脳内麻薬様物質の分泌による除痛、自律神経に影響を与えるなどの効果があります。

※鍼の「響き」が苦手な方にはなるべく響かせない鍼を行います。だからと言って鍼の効果がないわけではありませんのでご安心ください。

※鍼の「響き」は嫌いではないけれど「ガツン」と来るのが怖いという方は、お顔に使うようなとても細い鍼を使ってゆっくり慎重に行います。それであれば緩くじわじわと心地よく「響き」を感じて頂けることと思います。

当院の鍼の「響き」は慢性的な凝りや頭痛症状をお持ちの方に喜んで頂いております。

医師の元で培った無血刺絡療法をおこなっております。

無血刺絡とは脳神経外科医の長田裕先生が考案された理論と技術です。

私は、長田先生の元で理論と技術を学び免状を頂いた上で当院において無血刺絡の施術を行っております。

「刺絡」とは、古来から瘀血と言われる溜った悪い血を出すことで経絡と内臓のバランスをとるという鍼灸の技法です。「無血刺絡」は血を出さずに刺絡と同等の効果を出すという療法です。

主に、身体の反応点や急所の皮膚表面に軽い痛圧刺激を加えて自律神経に働きかけて様々な症状を緩和の方向へ持っていくことが期待できる療法です。

無血刺絡療法が効果的だった症例の一部としては、腱鞘炎、ばね指、急性の筋挫傷、変形性関節症による膝の痛み、ぎっくり腰、寝違え、頚椎症による手の痺れ、筋緊張性頭痛、アルコールによる血管拡張性頭痛、片頭痛、交通事故後の後頭神経痛、アトピーによるかゆみ、三叉神経痛、不眠症、頻尿、脊柱管狭窄症による腰臀部の重だるさと痛み、など。※詳しくは当院ブログ(症状改善症例集)をご覧ください。

痛み、痺れ、不快感、重だるさ、その他の症状、難治性疾患などにも安全に対応できて、医師による効果が出た症例とそのポイントの詳細などのマニュアルもあります。原則それに沿った形で施術していきますので気になる症状がある方は是非ご相談下さい。

※こちらの無血刺絡の他に東洋医学の見地に基づいた、瘀血を出す刺絡も行っております。