東京都新宿区で自律神経調整の無血刺絡を行っている、神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院です。

皆様こんにちは。

 

今日は、東京都新宿区で自律神経調整の無血刺絡を行っている、神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院という事で、無血刺絡について書いてい行きます。

 

無血刺絡とは、瘀血を出す刺絡療法の血を出さないバージョンです。

血を出してガラスのカップで吸うような手技や、指の爪の付け根から血を出す手技を刺絡と言います。

それの、血を出さないで刺絡と同等の効果を得るのが無血刺絡です。

 

これは、脳神経外科医の長田 裕先生が考案された方法で、実際に僕は長田先生のもとで理論と技術を学び、患者様に提供させて頂いております。

自律神経調整というけれども、実際どのような理論なのかを説明します。

皮膚表面に、鍼とは違い皮膚を破らず「チク」という刺激を加えます。そしてその刺激が脊髄を通って脳に入ることにより、副交感神経が優位になる反応が得られ、結果的に自律神経が調整されます。

これは、人体が持つ「嫌なもの反射」という反射を利用しているのです。

それじゃあ、副交感神経がはじめから優位になっていて、交感神経をどちらかというと優位にしたいような場合はどうなのか??

そこは、同じように「チク」っという痛圧刺激を加えます。それにより、中庸に戻る、バランスをとるという働きが起こるそうです。

 

なので今までの臨床経験で、血管拡張型頭痛に対しても効果はありましたし、筋緊張型頭痛にも効果は見込めました。※個人差はあります。

 

更に自律神経調整の他に無血刺絡は、優れた鎮痛作用もあります。

痛みのある局所に痛圧刺激を加えることにより、皮下組織の深部にあるポリモーダル受容器を刺激し、軸索反射を起こし血管を拡張させて痛みの物質を流し、除痛に導く働きがあります。

そして、ポリモーダル受容器を刺激することにより脳に作用し、ホルモンバランス調整にも効果があるといわれています。

これは、鍼灸のメカニズムを知るすWHO公認のはりきゅう理論という鍼灸の教科書にも載っています。

 

なので、鍼灸治療とはいかにポリモーダル受容器をうまく刺激して、除痛、血流促進、ホルモンバランス調整などを促すかという事になるのです。

なので、この無血刺絡の刺激は鍼と違って皮膚を破る必要もなく、お灸とちがってやけどのリスクもない優れた方法と言えると思います。

 

血を出す刺絡と血を出さない無血刺絡で、なぜ効果は同じかわかるかの話をします。

それは、血液検査の白血球分画検査です。刺激前と刺激後で分画検査を行うと、刺激後ではストレスを受けた際に増えるリンパ球の値が減った、アレルギ―症状の際に増えるIGE,好酸球が減少したという結果が出ています。

勿論その数値のふり幅や、何分後から減ったかなどは個人差があるとは思いますが、そのような結果から人体にとって良い反応が現れていると考える事が出来ます。

 

当院でも、寝違いやぎっくり腰、脊柱管狭窄症による症状、アトピーによる痒み、トレーニング後の筋挫傷など様々な症状改善に効果を挙げています。

何かお困りの症状がございましたら是非当院へいらして下さい。

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

無血刺絡を予約する

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

東京都 新宿区 文京区 神楽坂 飯田橋 で鍼灸、整骨院をお探しなら是非、東五軒町鍼灸整骨院へお越し下さい。
当院は、あらゆる「動かすと痛い」症状改善の手技、自律神経調整に効果がある無血刺絡、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、瘀血を出す刺絡を行っております。その他、自賠責、労災は自費負担ゼロで施術が受けれます。