#86 鍼灸柔整師の「必殺シリーズ」の考察。念仏の鉄の交通事故治療。むち打ちについて。

皆様こんにちは。

今回は、念仏の鉄の交通事故治療についてです。

 

鉄は、江戸時代の骨接ぎ師であり、現代における柔道整復師という形になります。

必殺仕置人のある話で、仲間の半次が荷車に轢かれて負傷します。要は交通事故に遭うわけですね。

普通は、車に乗ってて後ろから突っ込まれて頚が鞭のようにしなってむち打ちを発生するわけですが、どうゆう機序かはわかりませんが轢かれた半次を一目見て鉄はむち打ちだと判断して治療に取り掛かります。

そのやり方が、身体を揺らしたり持ち上げたりとひどいもんなのです(笑)挙句の果てには、新しい治療法を編み出したとか言ってハンマーで頭を叩こうとするのです!結局横やりが入ってハンマーでたたかれずに済むので半次は命拾いをするわけですが…(笑)

 

まあ、このシーンはいわばコメディのシーンですが超空気を読まず真面目な話をすると、交通事故やむち打ちのときの治療方針は基本的に安静固定が第一です。

痛めた所を動かさないようにして、固定するのです。症状が強ければ強い程、しっかりと固定せねばなりません。

強い痛みがある時に、たくさん動かしたりわざと痛む事をしたりするのは絶対に悪化します。※痛圧刺激を用いる無血刺絡は別理論です。

とても痛いのに強いマッサージや、ボキボキ鳴らす整体とかはやってはいけません!

 

まあしかし、江戸時代のむち打ち治療はどのようなものだったのかは少し気になります。もしかするとすごいノウハウがあったのかもしれませんね。…でもたぶんそんな事はないとは思います。現代になればなるほど、様々な検証がなされ解明されてきてますので絶対に現代の治療、施術の方が理にかなっていて効率がいいはずです。

詳しくは動画をご覧下さい。

 

動画を見る

https://youtu.be/2JLuQvnnXuE

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

鍼灸師で唯一テレ朝時代劇「必殺仕事人」シリーズの考察を行ってます。
東京都 新宿区 文京区 神楽坂 飯田橋 で鍼灸、整骨院をお探しなら是非、東五軒町鍼灸整骨院へお越し下さい。
当院は、あらゆる「動かすと痛い」症状改善の手技、自律神経調整に効果がある無血刺絡、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、瘀血を出す刺絡、お美顔の美容コースを行っております。その他、自賠責、労災は自費負担ゼロで施術が受けれます。