神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院の理念。「招副」

皆様こんにちは。

東五軒町鍼灸整骨院で院長をしております、野坂 俊史と申します。

 

当院の理念についてお話します。

それは「招副」です。

 

字間違ってるよ?と皆様思われると思いますが、これは僕が作った造語です。

しょうふくというと「招福」「笑福」こちらが正しいですね。福を招く、笑って福を招くという意味です。

もちろんこちらの意味も「招副」には込められています。

 

僕が思う「招副」とは、笑ったり施術を受けて身体が楽になることにより、「副交感神経」を優位にし「福」を招くというものです。

副交感神経とは、人間に備わる自律神経の一つで体をリラックスの状態にする神経です。

この副交感神経が優位になることにより、様々な痛みを緩和させる、免疫を高める、ホルモンバランスが整う、血管が拡張する、アレルギー症状を和らげる、ストレスを緩和させるなど、身体にとって様々な良い影響を及ぼすことが期待できます。

 

自律神経には、副交感神経の他にもう一つ「交感神経」があります。これは反対に、身体を緊張状態にする神経です。こちらが優位になると、血管収縮、胃腸運動低下、血圧心拍数上昇などの影響が身体に現れます。要は戦闘時に働く、心身にストレスを受けた時に優位になることが多い神経です。

あらゆる病気や痛みなどの症状は、この「交感神経」優位の状態、すなわち緊張状態やストレスが長期的に続く事が原因で起こっているともいえます。怒り、不安、憎しみ、絶望などは「交感神経」の究極の形と言えます。

 

なので、当院では自律神経を調整し副交感神経優位の形に持っていくような施術を努めて行っています。

 

僕が尊敬する脳外科の医師である長田 裕先生がおっしゃるには、副交感神経を優位にしストレスに負けず病気になりにくい身体を創るには、たくさん笑って心にわだかまりを持たず、「ありがとう」という感謝の気持ちを持つことが重要とのことです。

楽しい、嬉しい、明るい、感謝、感動というのは究極の「副交感神経」の世界であり、病気治しに役立つと考えられるそうです。

 

なので僕は、患者様のお身体に対して適切な箇所への適切な施術を行うことはもちろんの事、「副交感神経」を優位にするという事を大切な理念として考えています。

 

個人差はありますが、ある程度の痛みや症状は施術により緩和します。それでも環境による症状、経年的な変化からくる症状、先天的な症状、難治性疾患による症状など、すぐにはどうにもこうにも変えられない症状もあります。

そのような時臨床家として、患者様の現在の状態をだらだらと説明し、改善できない言い訳を論理的にずらっと並べるなんてことはもってのほかです。

我々臨床家に出来る事、そしてしなくてはならない事は患者様に寄り添う事、少しでも笑ってもらう事、僕はあなたの味方です明日も明後日もここにいてあなたをお待ちしていますよ、あなたは決して一人ではありませんよという事を伝える事です。

それくらいしか出来ないけど、それがすべてでありどんな時でもとても重要であると僕は思っています。

その気持ちが土台にある上での、施術のテクニックであり知識や理論なのです。