無血刺絡で効果が出た症例。13 50代 男性 頚椎症による肩の痛みと手の痺れ。

50代 男性 頚椎症による手の痺れと肩の痛みの症例です。

 

右の人差し指と親指に痺れがあり、右の肩が痛いという症状です。整形外科で頚椎症と診断され、頸椎と頸椎の間が狭くなってそれにより神経を圧迫している状態です。

場所としては、右の人差し指と親指の痺れですので、頸椎6番の位置です。

痺れは特に人差し指と親指の先の所と、合谷穴という急所のある親指の付け根付近の水かきのところです。

 

まず刺激としては、首の頸椎椎間関節部とその横側に加えます。

 

次に、人差し指と親指の井穴と、合谷穴に刺激を加えます。

 

最後に、前腕のC6デルマトーム支配領域に痛圧刺激を加えます。

 

それで症状がどう変わったかお聞きします。

すると、痺れは今のところないとおっしゃってました。

 

それからも定期的にいらして頂きまして、痺れは施術後楽になるが、1~2に日くらいで症状が戻るとおっしゃておりました。

しかし、週に1~2階の施術で2カ月くらいたったあたりで、もう大分良くなったというお言葉を頂きました。

その後も、かなり無理をしない限りは症状はあまり出ないそうです。

通常、頚椎症と医師に診断され指に痺れや痛みが出ている状態だと、なかなか症状は改善しません。何か月、何年も時間が掛かったり、薬やリハビリを受けながら痺れと付き合っていくという形です。

 

無血刺絡療法の創始者である長田先生が言うには、しびれなどの神経症状はまず3カ月くらい施術を行い様子を見た方がいいとの事。回復する可能性があり、変わらない場合もありますが、実際に改善した症例がいくつもあるそうです。

神経が断裂するとか、不可逆的な変性を起こしていなければ、神経細胞が残っていれば神経症状は改善する可能性が大いにあるとおっしゃってました。

 

現代の西洋医学において、痺れに対するアプローチ、治療法はビタミン剤と電気治療器しかないとされています。この無血刺絡療法により神経症状が改善するのであれば、症状や状態にもよりますが神経症状に苦しむ患者様の症状改善の幅が大きく広がると思います。

 

痺れや痛みが慢性的にあり、お困りの方は是非一度当院へいらしてみて下さい。改善する可能性が大いにあります!

 

 

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。
東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、東五軒町、江戸川橋、白銀町近くの鍼灸整骨院です。
東京、文京区、新宿区、千代田区、飯田橋、新宿、神楽坂、江戸川橋、水道町などにお住いの方、遊びに来られた方は是非お立ち寄りください!
「動かすと痛い」症状改善コース、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、全身調整、瘀血を抜く刺絡療法、お美顔の美容コースならお任せください!!