「整体師」「整体」という言葉に国家資格者が感じるアレルギー反応。

皆様こんにちは。

今回は、「整体師」「整体」という言葉にアレルギーがある国家資格者は僕をはじめ、割と多いかもというお話です。

どうゆうことかというと結構「整体師」とか言われることがあったりするのですが…これははっきり言って言われたくありません(笑)

 

僕は「鍼灸師」と「柔道整復師」の国家資格があり、僕の専門は「痛み」や「怪我」の施術やその他の症状を鍼などを用いて施術していくというものです。現に、「動かすと痛い症状改善の手技」や「頭痛鎮静の鍼」「響を与える鍼」「自律神経調整の無血刺絡」などを得意としホームページや様々な媒体でも説明しております。

 

なので「骨盤矯正」とか「座りが悪い」とかよくわからないいわゆる「整体」という施術は専門ではありません。

そもそも「整体師」というのは国家資格ではありませんので、なろうと思えば今この瞬間からでも誰でもなれます。

ただ整体師は今すぐなれると言っても、解剖生理、一般臨床各論、総論、運動学など様々な体の勉強をしないで、患者様のお身体を施術したりアドバイスするのはとても危険なことです。無資格の人間なので、下手すると良かれと思って行った施術で症状を悪化させてしまえば傷害罪です。

少ない知識で体の仕組みを間違って理解し、変な知識を患者様に与えてその患者様が抱えている持病が悪化したり、取り返しのつかないことになったケースもあります。

「整体」+「怪しげな信仰、宗教」とか、「ネズミ講」などが組み合わさってくることもあります。これはめちゃくちゃタチ悪いですね、最低最悪ですね。実際、このような勧誘活動、セミナーも行われています。

 

近頃、理学療法士や作業療法士など独立開業権を持たない資格者が「整体師」として開業しているケースがあったり、そこからビジネスや施術法のセミナーを行い、多くの無資格者、有資格者を集めそのノウハウを継承して同じようなやり方で宣伝広告、ビジネスを行っている人間がめちゃくちゃ増えました。

「整形外科」や「整骨院」「鍼灸」「カイロプラクティック」などを非難し、初回は破格の値段で施術し、独自の治療メソッドを高額な回数券として売るという手法です。「今だけ」とか、「病院に行っても治らない」とか「ここじゃないと治らないとか」「まだ無駄な治療にお金を払い続けますか」みたいな過激な宣伝文句で患者様を煽り、「あなたの為だけに」とか「ちゃんと通わないと治らない」とか「やる気ない人は来なくていい」とかおだてたりスカしたりして高い回数券を買わせて、さらにそこからさまざまなオプションコースの回数券を買わせたり、会員入会という継続課金に誘っていくわけですね。

 

このような、やり口の大元の講師の元に、年収一千万とか一億とか、「やればできる」とかの宣伝文句につられて大勢のセラピストと呼ばれる、無資格有資格合わせた様々な臨床家が集まり同じ講義を受け、各地で同じ手法でビジネスを行うのです。実際、同じような内容のチラシが大量にポストに入っていることがあります。なので、このような「整体師」が最近横行しています。

 

患者様からすると、無資格でも国家資格でも、整体師でも鍼灸師でも医師でもとにかく治してくれるならそれが正義だと思われるかもしれません。しかし、先にも述べたようにめちゃくちゃな宣伝文句、国で認められていない開業権のない資格者の開業、明日から自称整体師の中身がない怪しい技術と知識、これらに惑わされ最終的には受けた患者様の心も体も財布もボロボロになる可能性があるのです。

 

なので、このような「整体師」と同じくくりに思われたくないという僕と同じように感じている鍼灸師、柔整師、あんま師などは多いと思います。

患者様からするとどれも同じだと思いますが、細かく見るとそのような仕組みになっています。

 

まあ、言ってみればほんと小さくて余計なプライドではありますけどね。何度も言うように一般の方からするとどれも同じですからね。どんぐりの背比べだろとか思っている方も多いでしょう。

 

それでも、僕が一番最初にこの道を志した時の気持ち、「鍼灸師」「柔整師」への憧れ、国家試験への畏怖、先輩である恩師の先生への敬意などを考えると、やっぱり「整体師」とは同じくくりにされてなるものかと強く思います。

 

僕自身にも言える事ですが、医療従事者として「分相応」というものを常に考えてそれを逸脱したような事は行ってはいけません。人ととしての可能性やその他の仕事では、自分の殻を破るのはとても大切な事ですが、事医療に関しては出過ぎた真似は絶対してはなりません。

なので、その辺を解っている良質な「整体師」はいいと思いますが、分相応もわきまえず無資格の「明日から自称整体師」は危険です。