交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

頭痛症状改善症例集。アルコール摂取による強い血管拡張型頭痛②。

今回は頭痛症状です。

アルコール摂取による強い血管拡張型頭痛の症例は二つめですが、お恥ずかしい話いずれも自分自身の症例です…。

前回はヒレ酒でしたが、今回はウイスキーです…。

ロック、水割りで5杯くらいでしょうか…。お酒があまり強くない僕にしては結構飲んだ方なんですね。かなり酔っぱらってしまって、心臓の拍動がとても強くなり頭もズキンズキンと痛くなってきました。自宅で飲んでいた為そのまますぐ寝ました。普通寝れば症状も落ち着いてくるものですが、夜中の二時ごろ軽く目が覚めた時もズキンズキンと頭が痛くて、寝返りを打つのも辛い状態でした。

これは辛い、一刻も早くこの辛さから逃れたいという一心で、這って爪楊枝を台所に取りに行って頭部に無血刺絡を行いました。

ズキン!ズキン!という痛みを上回るチク!チク!という刺激を加えるところがポイントでして、刺激を行いものの3分くらいでかなり頭痛が楽になりました。これなら寝れるというレベルまで症状を抑えられたのでそのまま寝ました。

次の日、昨夜とても痛かった頭痛は全くなくなっていました。さらに、胃のムカつきや不快感、吐き気なども全くありませんでした。

これはなぜかというと、無血刺絡により自律神経に影響を与えて、中庸に戻すという反応が起こったためと考えられます。

広がりすぎた血管を収縮させ、内臓運動を活性化させる。それにより翌朝の胃のムカつきや不快感、吐き気がなかったものと思われます。

これは自分自身、身を持って感じた効果であり二回とも同じように症状が緩和されて、翌朝も楽だったという経験に基づいています。

血管拡張型頭痛に対して、無血刺絡は効果的であると私は思います。

ただ注意点としては、水分をしっかり取って血中アルコール濃度を薄めて体外に尿として出すという基本的な事を怠ってはいけないという事です。

アルコールによる血管拡張型頭痛はどうして起きるかと言うと、アルコール摂取により血中アルコール濃度が高くなります。それを薄めるために血管は水分を積極的に取り入れます。それにより血管が拡張して神経を圧迫してしまい、心臓の拍動と共に痛みがズキンズキンと出るのです。なので、無血刺絡により広がりすぎた血管を収縮の方向へ持っていき症状を楽にすることは確かにできます。しかし、だからと言ってアルコールが無毒化されたというわけではありません。なので、しっかり水分をとって血中アルコール濃度を薄めて尿として体外へ排出するという事が重要になります。

あと、アルコールによる強い血管拡張型頭痛で無血刺絡を行う場合、意識がしっかりあって何らかの器質的な疾患などがないという状態でないとできません。泥酔状態や、意識混濁状態では施術出来かねます。さらには手足に麻痺が出てる、意識障害、振戦、激しい嘔吐、発熱、膀胱直腸傷害、ショック症状などが出ている場合は、即救急に電話しなくてはなりません。このような場合はアルコールによる症状ではない可能性があります。

割と簡単に自分でアルコールによる強い血管拡張型頭痛が軽減したような書き方を前半でしましたが、決してアルコールを、頭痛をあなどってはいけません。アルコールは毒ですからね??人類は「毒」を嗜んでいるのです。「百薬の長」とかいういい方もありますが、今一度お酒を飲む時は気を付けて飲んでください!自分も気を付けます。

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ