交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院の理念。「招副」

皆様こんにちは。

東五軒町鍼灸整骨院で院長をしております、野坂 俊史と申します。

 

当院の理念についてお話します。

それは「招副」です。

 

字間違ってるよ?と皆様思われると思いますが、これは僕が作った造語です。

しょうふくというと「招福」「笑福」こちらが正しいですね。福を招く、笑って福を招くという意味です。

もちろんこちらの意味も「招副」には込められています。

 

僕が思う「招副」とは、笑ったり施術を受けて身体が楽になることにより、「副交感神経」を優位にし「福」を招くというものです。

副交感神経とは、人間に備わる自律神経の一つで体をリラックスの状態にする神経です。

この副交感神経が優位になることにより、様々な痛みを緩和させる、免疫を高める、ホルモンバランスが整う、血管が拡張する、アレルギー症状を和らげる、ストレスを緩和させるなど、身体にとって様々な良い影響を及ぼすことが期待できます。

 

自律神経には、副交感神経の他にもう一つ「交感神経」があります。これは反対に、身体を緊張状態にする神経です。こちらが優位になると、血管収縮、胃腸運動低下、血圧心拍数上昇などの影響が身体に現れます。要は戦闘時に働く、心身にストレスを受けた時に優位になることが多い神経です。

あらゆる病気や痛みなどの症状は、この「交感神経」優位の状態、すなわち緊張状態やストレスが長期的に続く事が原因で起こっているともいえます。怒り、不安、憎しみ、絶望などは「交感神経」の究極の形と言えます。

 

なので、当院では自律神経を調整し副交感神経優位の形に持っていくような施術を努めて行っています。

 

僕が尊敬する脳外科の医師である長田 裕先生がおっしゃるには、副交感神経を優位にしストレスに負けず病気になりにくい身体を創るには、たくさん笑って心にわだかまりを持たず、「ありがとう」という感謝の気持ちを持つことが重要とのことです。

楽しい、嬉しい、明るい、感謝、感動というのは究極の「副交感神経」の世界であり、病気治しに役立つと考えられるそうです。

 

なので僕は、患者様のお身体に対して適切な箇所への適切な施術を行うことはもちろんの事、「副交感神経」を優位にするという事を大切な理念として考えています。

 

個人差はありますが、ある程度の痛みや症状は施術により緩和します。それでも環境による症状、経年的な変化からくる症状、先天的な症状、難治性疾患による症状など、すぐにはどうにもこうにも変えられない症状もあります。

そのような時臨床家として、患者様の現在の状態をだらだらと説明し、改善できない言い訳を論理的にずらっと並べるなんてことはもってのほかです。

我々臨床家に出来る事、そしてしなくてはならない事は患者様に寄り添う事、少しでも笑ってもらう事、僕はあなたの味方です明日も明後日もここにいてあなたをお待ちしていますよ、あなたは決して一人ではありませんよという事を伝える事です。

それくらいしか出来ないけど、それがすべてでありどんな時でもとても重要であると僕は思っています。

その気持ちが土台にある上での、施術のテクニックであり知識や理論なのです。

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ