交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]
2019年2月3日
背中の強い痛み。安静時痛。
背中が痛い…。何もしなくても強く痛む。 このような症状の場合は少し注意が必要です。頚椎症の症状が強く出ている、石灰沈着、肺の何らかの疾患、骨折などがある場合は当院で施術できかねる場合もあります。なので、なにもしなくても強く痛いという安静時痛がある場合は取り合えず病院に行って医師の診察を受けて下さい。 […]
2019年1月29日
座り仕事などで頭と首の位置が前に出てしまう場合は「俺式然等尺性収縮法」が有効。
デスクワークの方など、前屈みの姿勢を取り続ける事で頭と首の位置が前に出てしまっているという方が結構多いです。 この場合、頚肩背中をマッサージで緩めるとか背骨の矯正をするなどと思う方もいらっしゃると思いますが、ご自身少しでも改善できる方法があります。 それは、首に「俺式然等尺性収縮」をかけるという方法 […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

無血刺絡で効果が出た症例シリーズ。16 30代男性 イライラしたり熱いと体が痛いくらい痒い!

30代男性 熱くなったりイライラすると体が痛いくらい痒くなるという症例です。

こちらの患者様は10年くらい前から、急激な温度変化やイライラすると背中が痛いくらい痒いくなるという症状があるという患者様です。

症状が出る傾向としては、海外に行くと調子がいいけど日本にいたり、ストレスが溜まったりイライラすることがあるとかゆみの症状が強く出るそうです。そして、かなり症状でお悩みになった時期もあったとのことで、何軒か病院に行って相談もしたそうです。しかし、大した改善もなく原因不明、異常なしで帰されたそうです…。

 

このようなお話を伺うと、心の問題なんじゃないか、気圧や湿度の問題なんじゃないか、海外で何かの病気になったのではないか、東洋医学的に「肝」がやられているのではないかなど様々な事を考えてしまう方は多いと思います。

 

大好きな海外旅行中は身体が調子がいいけど、仕事で忙しかったりストレスがかかるような状態ではムズムズ背中が痒くなったり、痛いくらい痒みの症状がでてしまう…。これは、おそらく自律神経が関係していると仮説を立て、それに基づいて施術を行っていきます。

 

というかむしろそれしか方法が思いつきません。

気圧、湿度、海外、ストレス、謎の病気などの視点から考えるとまずは緻密な西洋医学的検査所見が必要になりますし、海外の気質が合うとかはもう性格の問題なんじゃないかとも思うしで、そうなってくると症状改善の出口(終着地点)と施術方針が定まりません。

なので、温度変化や気分の変化などの要素で症状が出たり出なかったりしているならばストレスにより自律神経が乱れ、急激に血管が収縮して内因性発痛物質が出てそこからかゆみや痛みのような症状が出ている可能性が高いので、まずは自律神経を整えるという施術方針で施術を行います。

 

内因性発痛物質とは、カリウムイオン、ヒスタミン、セロトニン、ブラジキニン、プロスタグランジンなどがあります。

その中で、ヒスタミンは痒みにも関係しています。

 

なので無血刺絡の刺激を、症状がある背中(特に督脈、膀胱系の1、2ライン)と、頭、顔のパートに施術を行いました。

すると無血刺絡の痛圧刺激に対し、かなり痛みや不快感を示されてましたが、施術直後から症状がないとおっしゃっており、多少の症状のもどりはあったものの、三回の施術でほぼなにも症状を感じなくなったとのことでした。

 

ジンジンじわじわという割と強い症状に対して、無血刺絡の痛圧刺激はその上を行くゾワゾワくる強い刺激なのです。

そのような嫌な痛圧刺激を然るべき箇所に加えることにより、盛んになりすぎている状態を押えると共に、力が弱まっている状態に力を与えるというように、自律神経を「平」の状態に調整するという効果が見込めるのです。

 

この世の中様々な症状がありますが、全て「老化」とか、「更年期」とか「ストレス」とか「自律神経」とか「肋間神経痛」とかいって決めつけたり、それでごまかしたり間違った解釈の元間違ったアプローチを何年も続けてしまうということもあります。

しかし、案外「自律神経」の乱れからくる疾患は多く、そして「自律神経」を調整することにより症状改善を図ることが出来る場合も多いのです。無血刺絡で症状が改善するという事は、そうゆうことになります。

 

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

施術を予約する。

https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

 

神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。
東京都新宿区、飯田橋、神楽坂、東五軒町、江戸川橋、白銀町近くの鍼灸整骨院です。
東京、文京区、新宿区、千代田区、飯田橋、新宿、神楽坂、江戸川橋、水道町などにお住いの方、遊びに来られた方は是非お立ち寄りください!
「動かすと痛い」症状改善コース、頭痛鎮静の鍼、響きを与える鍼、全身調整、瘀血を抜く刺絡療法、お美顔の美容コースならお任せください!!

 

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ