交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

無血刺絡で効果が出た症例シリーズ。 30代男性 アトピー性皮膚炎によるかゆみ。


今回は、アトピーの症例です。
 
30代男性、アトピー性皮膚炎により痒みが強く、肘と頚の部分の皮膚がゴワゴワと硬くなってしまっているような状態です。
 
無血刺絡は、アトピー性皮膚炎の症状改善例も多くあります。医師が行っている療法であり、どのようにしたら効果が出たのかという治療方法も分かります。なので、そのマニュアルに沿って治療を行っていきます。
アトピーの症状が強く出る要因として、食事、ストレス、衣服などの擦れ、遺伝、その他外的要因などが挙げられます。
その中で、まずは患者様がどのような食生活をされているか、この部分からお話をお聞きします。
 
食事内容において、無血刺絡の創始者である長田先生がおっしゃるには次の4つの食物をなるべく取らないようにすることが大切との事です。
1 乳製品
2 小麦粉
3 カフェイン
4 オメガ6系油
 
なぜかという理由はここでは細かく書きません。とても重要な内容であり、人によっては「ずっと食べてるけど大丈夫なんだけど」と、誤解を招く恐れがあるからです。折に触れその都度書いていこうとは思いますが、気になる方は当院に直接いらして下さい。
 
今回の患者様の食生活はとても乱れておりました…。とにかく仕事のストレスが強いようで、暴飲暴食をされているとのことでした。仕事中はコーヒーを多く飲み、お酒も毎日飲むようで割と脂っぽいものを摂っているとのことでした。
 
この中で、コーヒーがまずカフェインですね。油物はもしかしたらオメガ6系油が入っている可能性もありますが、毎日同じものを食べるわけではないのでとりあえずカフェインに注目します。
 
カフェインはなぜ良くないかというと、血管収縮作用があるとされています。この血管収縮というのが無血刺絡を行うにあたってよくない事なのです。無血刺絡は、副交感神経を優位にさせ血管を開くことに意味があります。
なので、血管収縮作用があるカフェインは交感神経を優位にさせる働きもありよくありません。
交感神経が優位になるとどうしてよくないかというと、要は交感神経は緊張状態の神経ですので体に負荷がかかっているという事です。
ストレスを受けている時が交感神経優位の状態です。
 
アトピーの治療以外にも、難治性疾患の治療はとにかく体をリラックスさせて副交感神経を優位にすることが大切になります。
なので、交感神経優位になるような食物や刺激は避ける事が第一です。
 
後は、事細かにできる事ならば食事メニューを聞き出し紙に書いてもらい、それを一つ一つチェックしていくという作業も大切になります。一体、何を食べる事によって体の免疫機構が過剰に反応してIgEという血液成分が高くなっているのかという同定が必要になります。
 
大抵の患者様は病院で指導が行われてはいますが、それでも上記の4つの項目もなるべく取らない方がいいと思われます。
 
試しに、こちらの患者様にはコーヒーや緑茶などカフェインが含まれている飲食物はなるべく取らないようにして頂きました。
そして、無血刺絡の刺激は顔、頭、全脊柱に行いました。
肘や首の皮膚が乾燥してゴワゴワしている箇所には温熱シャワー療法を指示させて頂きました。
 
温熱シャワー療法とは、約45度から50度の熱い温度のシャワーを患部に当てるというものです。
それにより、表面が赤くなるフレアー現象が起こります。フレアー現象とは、毛細血管が開いて血の巡りが良くなっているという状態です。無血刺絡の「チク」という刺激と、熱い温度の「アツッ」という刺激は同じ神経の伝送路を通ります。そのような痛圧刺激により副交感反応が引き起こされます。
 
治療後は痒みが治まったとの事でした。自宅でまた痒みが起きてきた時には、温熱シャワー療法を行っているとのこと。最初は熱かったけど、慣れてくると心地よく熱いとおっしゃっておりました。
 
こちらの患者様は引き続き治療継続中です。今後は食事面の改善や、ストレス管理の面に関しても良い方向にいければと思います。
 
施術を予約する。
https://ssl.xaas.jp/x7521181/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp
神楽坂 東五軒町鍼灸整骨院より。

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ