交通事故・労災・生保・各種保険取扱 東五軒町鍼灸整骨院

お問い合わせはコチラから 03-6280-8372 ご予約はこちら

  • トップページ
  • 治療案内はこちら
  • アクセスマップ

月別

カテゴリーリスト

新着情報 NEWS

2019年3月22日
ボルダリングによる後頭神経痛。
これは僕自身の症例です。 私事ですが、最近ボルダリングをやり始めました。 昨日の夜に壁を上り、一夜明けた翌日、後頭神経痛を発症しました。 後頭神経痛とは頭痛の一種です。C2から出ている大、小後頭神経の支配領域内で起こる頭痛です。 これの発生原因は、何らかの原因で後頭神経に炎症が起きた時、頚や頭の手術 […]
2019年3月19日
動かすと痛い症状改善集。50肩による肩の前方挙上、外転時痛。
50肩は、正式名称「肩関節周囲炎」と言われ、特に明らかな原因がないにも関わらず肩周辺が痛むという症状の総称とされています。 一般的に、時間はかかりますが自然回復するとされていて教科書的には、数週間から2年くらいまでの間で症状はなくなると書かれています。 痛むところや治るまでの日数において、非常に個人 […]
2019年2月20日
動かすと痛い症状改善集。腕を伸ばすと肘が痛い。
肘が痛むという症状の場合はテニス肘や野球肘といわれる、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎が多いです。 前腕屈筋、伸筋群の使い過ぎにより筋付着部である肘の骨が手首を動かす度に痛むという症状です。 このような症状が起きる前提条件とは、ゴルフやテニス、野球などをたくさんやりすぎるというオーバーユーズが関係してい […]
2019年2月13日
動かすと痛い症状改善集。腰の慢性的な痛みに対する「響を与える鍼」。
腰が慢性的に辛いという方は非常に多いです。 デスクワークの方、子育てをされている方、中腰姿勢が多い方、脊柱に何らかの疾患がある方など。 今回の症例は、普段デスクワークのお仕事で子育てもされていて慢性的に腰が辛いという方です。 常に腰が痛くて動かさなくても違和感があるような状態で、腰臀部下肢をほぐした […]
2019年2月4日
動かすと痛い症状緩和集。腕を内側に捻ると肩が痛い。
腕を内側に捻るというのを回内と言いますが、今回は水泳後に前腕の回内で肩が痛いという症状です。 痛む部分は肩の側面と前面ですが、この症状を改善するのに見るべきポイントはまず前腕です。 肘周辺や、前腕屈筋群を押えた状態でもう一度回内動作をしてもらうと肩の痛みがないという結果を得る事が出来ました。 あとは […]

もっと見る

過去の記事はこちら

ご案内 INFORMATION

  • 営業時間
    平日
    09:00 ~ 12:30
    15:00 ~ 19:30
    日曜
    11:00 ~ 18:00
  • 定休土曜・祝祭日
  • 電話03-6280-8372
  • 住所〒162-0813
    東京都新宿区東五軒町2-11
    奥村ビル1F

詳しい地図はこちら

※お車でお越しの方は駐車場がございますのでご利用下さい。

交通事故に遭われた方へ

ハーベスト司法書士法人

公式Youtube

公式Facebook

公式Twitter

公式インスタグラム

交通事故治療を受ける際の患者様負担金はゼロです。その他、病院、弁護士と提携しております。「動かすと痛い」症状はお任せください!

皆様こんにちは。

今回は、交通事故により負傷した際に当院で施術を受けて頂く事をお勧めする理由をいくつかお話致します。

 

1 交通事故問題に強い弁護士と提携しております。

交通事故の際には、被害者の方と加害者(加害者が加入している保険会社)との間で示談交渉というものが行われます。

その中で、「過失割合」、「損害賠償金」、「後遺障害」、「慰謝料」などを決めていくわけです。

そういった中で双方の意見が食い違ったりよくわからない内に、相手の保険会社のいいように振り回されて、被害者側が納得いかない形で

サインしてしまうケースがあったりするそうです。

これが妥当だろうなという形で、被害者様が納得しての形であれば問題ありませんが、万が一よくわからないしこれはおかしいというような示談内容の時はご相談下さい。

 

2 整形外科医院などと提携しており尚且つ、当院の周辺には大きな総合病院があります。

当院の代表である私、野坂俊史が以前勤務していた整形外科への紹介や、予約も出来る近所の整形外科の紹介、心配な際は近くに大きな総合病院がありますのでそちらをご紹介致します。

 

3 当院は、あらゆる「動かすと痛い」症状改善の手技を得意としており専門に行っております。

東五軒町鍼灸整骨院、代表施術者である私、野坂俊史は「動かすと痛い」症状をなるべく早く改善させる手技を日々研究し、実践し、成果を上げています。

こうやって動かすとここが痛む…というような症状に対して私が介入することにより、先程よりも楽だとか、痛くなくなったと良い変化を実感して頂ける患者様は約8割以上いらっしゃいます。

当然それには個人差があり、急性期の強い怪我の場合や内臓や神経など内面的な疾患をお持ちの場合、大きく変形してしまっているような状態ですと一回で効果を実感されるのは難しい場合もあります。

しかし、どうすれば今よりも症状が楽になるか、普段はどう過ごすと楽かという方法を真剣に模索しながら施術していきます。

 

 

よく、「交通事故専門」というような看板を掲げている整骨院とかがあります。

一体何を持って「交通事故専門」なのかよくわかりません。法律面で柔整師は弁護士には絶対にかなわないし、というか職業の畑がまるっきり違いますね。

医療の面でも医者にはかなわない。なので自分のところで患者様を施術させて頂いてても、複雑な検査や定期的な診察はお医者さんにお任せする。

なので、その二つの面では提携しているそれぞれの専門家の先生にお任せするというのはわかります。実際、当院もそのようにしています。

我々、柔道整復師は国家資格により怪我に対しての施術が出来ます。我々のやることは、交通事故だろうが仕事中の怪我だろうが何だろうが怪我を一刻も早く回復させ、患者様の日常生活をより良いものになるようにお手伝いさせて頂くというものです。

 

そこに頚部捻挫(むちうち)があれば、発生原因が交通事故だろうと一般の怪我だろうと速やかに疼痛を除去できるように全力で施術するのが我々の仕事です。

「交通事故専門」という施術者は、交通事故による頚部捻挫は専門で得意でも、それ以外の怪我による頚部捻挫は専門じゃないから施術はお任せできないのですか??とも思ってしまいます。そんな施術者は「専門」とか謳っていても大したことはありません。

 

法律関係などの弁護士の領域、検査や診断、診察などの医者の領域それらではなく、いかに事故後から始まった何らかの症状、特に「動かすと痛む」というような症状を緩和に導く研究、施術をそれこそ専門で行っている施術所をお選びになるのを強くお勧めします。

 

ちなみに整形外科では検査、診察、投薬には優れていますが、リハビリテーション科などの物理療法や痛む部分だけの罨法はさほど効果はないと思われます。

痛む箇所とその繋がりを意識した、お身体全体を診るという包括的な診方や、然るべき症状に応じた離れた個所を緩め、治癒に導く施術が出来ないと、時間が経ってから痛みが出てきたとか、寒い日に古傷が痛むというような症状が出てきたりします。

 

なので、交通事故に遭われてどこに行っていいのかよく分からない場合は是非ご連絡下さい。交通事故治療の際の整骨院選びのポイントは、「技術力が高い所」を選ぶ事です。

 

<< >>
© Higashigokencyo acupuncture&bonesetter's office. All Rights Reserved.
ページの先頭へ